Coinbaseの分析:第2四半期の暗号市場の展望

By CoinDesk – 2024/04/03 06:50:06 (JST)

Coinbaseが暗号市場について第2四半期にポジティブな展望を予測し、以前の課題が薄れていくと述べました。4月16日から20日の間に予定されているビットコインの報酬半減は、ビットコイン供給の成長率を低下させることで供給側に影響を与える重要なイベントとして強調されています。さらに、報告書では、ワイヤーハウスがスポットビットコインETFなどの新しい金融商品のために行う90日間の審査期間が終了する可能性に言及し、これが米国のETFに大きな資本を解放する可能性があると述べています。

機関投資家の暗号空間への関心は高いままであり、CMEビットコイン先物のレバレッジされたショートポジションの増加やオンチェーンデリバティブの総ロック価値が過去最高に達したことから明らかです。分散型ファイナンスのTVLが以前の高値を下回っているにもかかわらず、オンチェーンデリバティブの総TVLは34億ドルに達しています。報告書はまた、ビットコインに戦略的に投資しているソフトウェア開発会社MicroStrategyの株を空売りする投資家が最近の市場の変動に影響を与えている可能性があると指摘しています。

全体として、Coinbaseは第2四半期の暗号市場において、ビットコインの報酬半減や潜在的なETFの展開などの主要イベントが景色を形作る中で、ポジティブな指標を見ています。機関投資家の関心や市場のダイナミクス、レバレッジポジションやデリバティブの総ロック価値などが、今後数ヶ月の楽観的な展望に貢献しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: