Telegramがtoncoin支払いと広告プログラムでTONブロックチェーンを強化

By CoinDesk – 2024/04/03 10:40:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Telegramがプラットフォーム内広告購入にToncoin支払いを可能に

新しい記事と類似した記事の両方が、TONブロックチェーン上で広告主向けのtoncoin支払いとコンテンツクリエイター向けの暗号通貨支払いを統合するTelegramについて述べています。両方の記事は、広告収入の50%がチャンネル所有者に支払われる収益配分モデルに言及しています。しかし、新しい記事には類似した記事にはない追加情報が提供されています。それによると、TONウォレットのアクティベーション数が大幅に増加し、発表以来TONの価値が150%急上昇していることが述べられています。また、Telegramは、TON保有の一部を割引価格で長期投資家に売却する計画についても言及しており、これは類似した記事には記載されていません。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は類似した記事とは異なる新しい事実や詳細を提供しています。

Telegramは最近、TONブロックチェーン上で広告主向けのtoncoin支払いとコンテンツクリエイター向けの暗号報酬を統合し、TONウォレットの活性化が著しく増加しました。Telegramのこの戦略的な動きは、広告主がtoncoinで取引し、生成された収益がコンテンツクリエイターとTelegram自体の間で均等に分配される自己持続型エコシステムを構築することを目指しています。この取り組みの導入は、発表以来TONの価値が150%急上昇したことから、Telegramの暗号技術への実験的な取り組みの肯定的な影響を示しています。

TelegramのTONベースのプラットフォーム上の広告プログラムは、従来のマーケティングモデルに比べて広告主にとってよりアクセスしやすく、費用対効果の高いソリューションを提供しています。TON支払いに移行することで、TelegramはEUROから離れるだけでなく、小規模広告主のビジネスを取り戻す位置に自らを配置しています。この変化により、チャンネルオペレーターは自身のチャンネルで実施される広告から生成された収益の50%を受け取ることができ、ソーシャルメディア企業がコンテンツクリエイターに対する義務に新たな基準を設定しています。プラットフォームの使いやすいアプローチと低い参入障壁は広告主を引き付け、Telegram内で包括的な広告環境を育んでいます。

過去に規制上の障害に直面してきたにもかかわらず、TelegramのTON支払いの採用は、暗号ビジョンの実現に向けた一歩を示しています。TONトークンとブロックチェーンは現在、Telegramとは別の組織であるTON財団によって監督されており、プラットフォームがToncoinの

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: