ゴールドマン・サックスの顧客、クリプトに興味なし、最高投資責任者が確認

By CoinDesk – 2024/04/03 11:20:06 (JST)

ゴールドマン・サックスは、最高投資責任者シャーミン・モッサヴァル=ラフマニ氏がデジタル資産に懐疑的な姿勢を示し、投資資産クラスとして認識していないと述べ、クリプトに対する否定的な立場を堅持しています。ブラックロックやフィデリティなどの競合他社がクライアントの関心からクリプトへの関与を拡大する中、モッサヴァル=ラフマニ氏によると、ゴールドマンの顧客はクリプトへの露出を望んでいないとのこと。

モッサヴァル=ラフマニ氏は、クリプト資産の価値を評価する難しさを強調し、価値が明確でない場合、どのようにして強気または弱気の見解を形成するか疑問視しました。また、金融包摂性を主張しながらも意思決定の民主化が不十分であると批判し、金融業界では選ばれた少数の人々がコントロールを握っていると指摘しました。

ゴールドマン・サックスとは対照的に、J.P.モルガン・チェースがブロックチェーンプラットフォームを立ち上げ、シティグループはプライベートファンドのトークン化を模索するなど、他の金融機関はクリプト空間に参入しています。業界のトレンドにもかかわらず、ゴールドマン・サックスはクリプトに対する慎重なアプローチを維持し、その顧客がこの資産クラスに興味を持っていないことを反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: