3月に急増した仮想通貨取引所のスポットおよび先物取引量、約2.5兆ドルに達す

By The Block – 2024/04/03 21:20:12 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
3月の総仮想通貨市場資金調達額が11.61億ドルに達し、前月比52%増加
中央集権取引所におけるビットコイン先物のオープンインタレストが380億ドルの記録高に達する

新しい記事では、3月に中央集権型暗号資産取引所での月次スポット取引高が急増し、約2.5兆ドルに達したことが取り上げられています。また、日次スポット取引高の増加、市場シェアにおけるBinanceの優位性、月次ビットコイン先物取引高の急増に言及しています。記事には、ビットコインの現在の取引価格とGMCI 30指数も記載されています。一方、類似した記事では、3月の暗号資産市場への総資金調達とビットコイン先物のオープン・インタレストの急増が取り上げられています。類似した記事と新しい記事の両方が暗号市場での活動の増加について議論していますが、新しい記事で提示されている具体的な詳細や事実は類似した記事には含まれていません。新しい記事では、3月の取引高、Binanceの市場シェア、および現在の取引価格に関する具体的な数字が提供されており、類似した記事には言及されていません。したがって、新しい記事には新しい事実が含まれており、類似した記事とは重複していません。

3月、中央集権型の仮想通貨取引所における月次スポット取引量は、2月と比較して倍以上に増加し、約2.5兆ドルに達しました。この急増は、2021年11月以来の水準に達した初めての事例です。データによると、2023年9月の約3240億ドルという取引量の低さから、12月と1月に1兆ドルを超え、2月には1.2兆ドルに達するなど、著しい増加が見られました。

3月の取引量の急増に伴い、3月10日に1000億ドルをピークに達した日次スポット取引量がありました。スポット取引量において、バイナンスが1.1兆ドルを占め、市場シェアの45.5%を示しました。上位5つの取引所には、アップビット、バイビット、OKX、コインベースが含まれ、それぞれ異なる取引量を記録しました。さらに、仮想通貨取引所における月次ビットコイン先物取引量も3月に約2.5兆ドルに急増し、歴史上2番目の高い取引量となり、バイナンスが9830億ドルをリードしました。

ビットコインの現在の取引価格は66,112ドルで、過去1か月で2%の上昇を示しましたが、先週では6%の減少が見られます。上位30の仮想通貨を表すGMCI 30指数は、過去1か月で15%以上上昇しましたが、過去7日間で6%減少し、144.66になりました。取引量や価格の変動にもかかわらず、仮想通貨市場は活発で成長を続け、取引所はスポットおよび先物取引量で著しい増加を経験しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: