仮想通貨取引所、3月に取引量急増、バイナンスがリード

By PANews – 2024/04/03 21:26:21 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
3月に急増した仮想通貨取引所のスポットおよび先物取引量、約2.5兆ドルに達す
3月の総仮想通貨市場資金調達額が11.61億ドルに達し、前月比52%増加

3月に仮想通貨取引所での取引高が急増していることが、新しい記事と類似した記事で取り上げられており、特にBinanceの支配力が焦点となっています。両方の記事は、Binanceの取引高がスポット取引で1.1兆ドル、先物取引で9830億ドルであるという同じ数字を述べており、同じ事実を報告していることを示しています。2番目の類似記事は、仮想通貨市場での資金調達について取り上げており、これは新しい記事と同じ事実を含んでいない異なるトピックです。したがって、新しい記事は最初の類似記事の複製と見なされますが、2番目の記事とは異なります。

3月、中央集権型仮想通貨取引所は、月次スポット取引量が急増し、2.48兆ドルに倍増し、2021年11月以来の最高額となりました。この増加にもかかわらず、2021年5月の4.2兆ドルのピークよりも40%低い水準です。バイナンスが1.1兆ドルの取引量で市場を席巻し、市場シェアの45.5%を占め、UpbitとBybitが続きました。

取引所の月次ビットコイン先物取引量も3月に急増し、2.5兆ドルにほぼ達し、2月から86%増加しました。バイナンスはこの市場でもリードし、取引量は9830億ドルで、総取引量の40%を占めました。BitgetとOKXはそれぞれ5190億ドルと4100億ドルの取引量で2位と3位を獲得しました。これらのデータは、今月のスポット取引と先物取引市場での活発な取引活動を示しています。

全体として、仮想通貨市場は3月に取引量で著しい上昇を見せ、中央集権型取引所がスポット取引と先物取引の両方で急増しています。バイナンスは取引量で大きな市場シェアを示し、両セグメントで主要プレーヤーとして台頭しています。これらのデータは、仮想通貨取引活動における好調な動向を反映し、市場への持続的な関心と参加を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: