BIS、中央銀行が金融システムの向上を目指しトークン化を探る

By CoinDesk – 2024/04/03 23:10:06 (JST)

国際決済銀行(BIS)と63の中央銀行が、金融システムの向上を目指しトークン化の可能性を探るプロジェクト「Project Agorá」で協力しています。この取り組みは、スマートコントラクトを活用してトークン化された商業銀行預金を卸売中央銀行の資金と統合し、通貨システムを革新することを目指しています。世界中の金融機関がトークン化を真剣に考慮しており、HSBCが香港の投資家向けに金をトークン化するなどの例があります。

Project Agoráには、さまざまな国の7つの通貨当局と民間金融機関が関与し、トークン化された資産のシームレスな統合を調査しています。このプロジェクトは、スマートコントラクトとプログラム可能性を活用し、通貨システムの既存の二層構造を維持しながら、より効率的な支払いインフラを構築することを目指しています。BISは、参加通貨の運用、規制、法的枠組みでの技術テストの重要性を強調し、それらの管轄内で活動する金融機関との協力にも力を入れています。

Project Agoráの究極の目標は、現行の金融インフラを大幅に改善できる実用的で影響力のあるソリューションを開発することです。既存のシステムを活用し、トークン化やスマートコントラクトなどの革新的技術を探求することで、このプロジェクトは世界の通貨システムに具体的な進歩をもたらすことを目指しています。BISは、民間金融機関にProject Agoráへの参加を呼びかける予定であり、金融部門におけるイノベーションと効率化を推進する協力的な取り組みを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: