Jump Capitalがweb3 AI企業Raiinmakerの750万ドルのシードラウンドを共同主導

By The Block – 2024/04/03 23:10:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Web3 AI企業Raiinmaker、Jump CapitalとCypher Capitalが主導

新しい記事と類似した記事の両方が、Raiinmakerがジャンプキャピタルとサイファーキャピタルによる共同主導でシードファンディングで750万ドルを確保し、これにより総調達額が1,000万ドルに達した同じ出来事について述べています。両方の記事は、同じ参加組織と同社のスポーツ、ゲーム、エンターテイメント向けの分散型AIツールとweb3インフラの開発に焦点を当てています。両方の記事は、ユーザーがモバイルデバイスからAIモデルをトレーニングし、報酬を獲得できる機能を強調しています。さらに、両方の記事は、同社が2024年4月にメインネットを立ち上げ、その後にネイティブトークンCOIINを導入する計画を述べています。新しい記事には、類似した記事で既にカバーされている新しい事実、数字、または独自の洞察は示されていません。

Jump CapitalとCypher Capitalが、web3 AI企業Raiinmakerの750万ドルのシードラウンドを共同主導しました。Gate.io Labs、MEXC Global、Krypital Group、Alphabit、Launchpool、New Tribe Capitalなどもこのラウンドに参加しました。RaiinmakerはユーザーがスマートフォンからAIをトレーニングし、報酬を受け取ることができるプラットフォームです。

Raiinmakerは750万ドルのシード資金調達を確保し、総資金調達額は1,000万ドルに達しました。このラウンドはJump CapitalとCypher Capitalが共同主導し、Gate.io Labs、MEXC Global、Alphabitなどの他の企業からも支援を受けました。同社はスポーツ、ゲーム、エンターテイメントプロジェクト向けの分散型AIツールとweb3インフラの開発に焦点を当てており、ユーザーはiOSやAndroidデバイスからAIモデルをトレーニングし、影響度に応じた報酬を受け取ることができます。

Raiinmakerの創業者兼CEOであるJ.D. Seraphineは、分散型AI、ブロックチェーンインフラ、暗号市場の好調な動向が現在重なっていると強調しました。同社は2024年4月にメインネットを立ち上げ、その後すぐにネイティブトークンCOIINを導入する予定です。これは、AI分野での数年間の準備の成果として、Raiinmakerにとって重要な節目を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: