ビットコイン価格(BTC)が経済指標の影響で変動を見せる

By CoinDesk – 2024/04/04 05:10:05 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Bitcoin(BTC)価格が5%以上下落し、67,000ドル未満に低下、米国の好調なファクターデー
Bitcoin(BTC)価格が66,000ドルに下落、財務省利回り上昇とFRB利下げの憶測によるもの

新しい記事と類似した記事は、最近のビットコイン価格の変動について取り上げており、これは米国の工場データや連邦準備制度理事会の利下げ憶測、そして上昇する米国10年債利回りなどの経済指標に影響を受けています。両方の類似記事は、ビットコインの価格が約66,000ドルまで下落したことを言及しており、これは新しい記事でも報じられています。新しい記事では、3月12日の約73,500ドルという過去最高値からビットコインの価格が約10%下落したことが明示されていませんが、報告された価格の下落からそれが暗示されています。新しい記事では、GrayscaleのGBTCでの大規模なビットコイン売却と他のETFでの購入の減少に言及していますが、これは類似した記事には見当たりません。ただし、この情報は経済指標によるビットコイン価格の変動の全体的な物語を大きく変えるものではありません。したがって、新しい記事には、類似した記事との差別化につながる実質的な新事実や分析が含まれていないようです。

ビットコインの価格は、水曜日の米国取引時間中に$66,000を下回ったままで、控えめな上昇が速い売り圧力に直面しました。CoinDesk 20指数全体は0.7%下落し、ビットコインキャッシュとライトコインが10%下落した影響を受けました。ビットコインは2回の上昇を見て、1つは米国サービス業成長報告書が軟調だった後に、もう1つは連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長が今年の利下げを期待しているとの発言の後に起こりました。

今年のビットコインの大部分の上昇は、中旬から3月中旬までの間に、スポットETFが毎日大量のビットコインを追加することで推進されました。しかし、最近の動向では、GrayscaleのGBTCで大口のビットコイン売りが見られる一方、他のETFへの購入は鈍化しています。ビットコインの価格は3月12日に記録的な$73,500から約10%下落し、インフレの上昇や強い経済成長指標によって、緩和的な連邦政策への期待が後退しています。

最近の強い経済データ、特に民間雇用の増加や非農業部門雇用統計への期待が、米国10年債利回りを2024年の高水準に押し上げ、ドルを昨年11月以来の最高水準に押し上げました。これらの要因は、ビットコインを含むリスク資産価格に影響を与える可能性があり、米国の工場データがドル指数をほぼ5か月ぶりの高水準に押し上げることで示されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: