ビットコインに関する不確実性の中で、ヘッジファンドがベアリッシュな賭けを増やす

By CoinDesk – 2024/04/04 18:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコインとイーサがハーフィングを控え、Q2が始まる中で下落
ビットコイン(BTC)のボラティリティがハーフィング前にイーサ(ETH)を上回る

記事では、ヘッジファンドによるビットコインの弱気ベットが増加しており、CMEスタンダードビットコイン先物契約のショートポジションが過去最高に達していることが取り上げられています。また、連邦準備制度が将来の利上げを予想していることや、米国の現物BTC ETFの導入がビットコインの市場ダイナミクスに与える影響も言及されています。同様の記事では、ビットコインのハーフィングイベントの予想や、連邦準備制度の利上げの影響、現物BTC ETFの導入がビットコインの市場ダイナミクスに与える影響が議論されています。しかし、新しい記事では、ヘッジファンドが保有するショートポジションの具体的な数値が提供されており、これは同様の記事には言及されていない新しい事実です。したがって、全体的なテーマは類似していますが、新しい記事は同様の記事とは異なる具体的な情報を提供しています。

続く高い先物プレミアムと連邦準備制度による将来の利上げの不確実性は、ヘッジファンドがビットコインに対してベアリッシュな立場を取る要因となっています。連邦準備制度のパウエル議長は、利上げを検討する前にインフレを監視する必要性を強調し、将来の利上げのタイミングについて疑念を抱かせています。さらに、強固な米国経済データや連邦準備制度の関係者からの強硬な発言により、近い将来の急速な利上げの可能性に疑問が生じ、一部のヘッジファンドがビットコインに対してよりベアリッシュな立場を取るようになりました。

米国のスポットBTC ETFの導入により、ビットコインの市場ダイナミクスが変化し、今後のマイニング報酬の半減が価格に与える影響について不確実性が生じています。アナリストは、過去のサイクルだけに頼ることなくビットコインのパフォーマンスを予測することに慎重であるべきだと警告しており、これらのETFの導入により市場が大きく変化したことを考慮する必要があります。この不確実性により、ビットコインの将来の価格についてさまざまな予測がなされており、一部のアナリストは半減後に価格が42,000ドルまで下落すると予測しています。現在の環境では、変化する市場状況と投資家の行動の変化により、ビットコインの価格動向を正確に予測することが難しくなっています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: