Pendleの収益プラットフォームがTVLで40億ドル、取引高で100億ドルに到達

By The Block – 2024/04/04 20:20:05 (JST)

Pendleの収益プラットフォームは、TVLが40億ドルに達し、取引高が100億ドルに達するなど、著しい成長を遂げています。Pendleの独自のアプローチにより、ユーザーは収益を収益を生む資産から分離して取引することができ、注目と人気を集めています。プラットフォームは、特にイーサリアムに関連するリステーキング資産への関心の高まりから恩恵を受けており、取引は主にリキッドリステーキングトークンを中心に集中しています。

Pendleの成功は、EtherFiやRenzoなどのリキッドリステーキングプラットフォームからの流入によってプラットフォーム上で保持される価値の増加を通じて明らかです。プラットフォームは現在、weETHという大量の資産を保有しており、合成ドルプロトコルEthenaに関連する取引活動も顕著です。PendleのCEOは、ユーザーのニーズに応える機能を提供することに重点を置いており、取引は主にイーサリアムで行われていますが、ArbitrumやMantleなどのLayer 2ネットワークでも注目を集めています。

また、Pendleはコアオファリングに加えて、最大128倍までポイントをヘッジしたりレバレッジしたりすることができるポイント取引を可能にしています。この戦略は、プラットフォームの成長に貢献し、ポイント取引が総保有価値の約10%を占めています。Pendleトークンの価格は今年着実に上昇し、1ドル以上でスタートし、最近では5ドルを超えました。プラットフォームの急速な拡大と革新的な機能により、Pendleは収益取引の分野で重要なプレーヤーとして位置付けられています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: