ナイジェリア裁判所、ビナンスと幹部の脱税事件を延期: アブジャでの法的手続き

By CoinDesk – 2024/04/04 20:40:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビナンス、ナイジェリアで拘束されたコンプライアンス責任者に責任を負わせないよう求め
ナイジェリアでのバイナンス幹部の脱税裁判が4月19日まで延期

新しい記事と類似した記事はすべて同じ主題を取り上げており、ナイジェリアでのBinanceおよびその幹部に対する脱税事件、およびその後の公聴会の延期について議論しています。新しい記事は、拘留された幹部の身元、彼らに対する告発内容、および公聴会の再予定日など、類似した記事と同じ主要な詳細を提供しています。新しい記事には、類似した記事で既に言及されていない新しい事実や数字は提供されていません。したがって、新しい記事には、類似した記事とは異なる要素を含む新しい情報がないようです。

ナイジェリアのアブジャにある連邦高等裁判所は、当局に拘束されたビナンスホールディングスと2人の幹部に対する脱税事件の審理を延期しました。裁判所は、ビナンスの金融犯罪コンプライアンス責任者に告訴状を拘留中に送達できなかった税務当局の問題を理由に、ビナンスホールディングスの審理を4月8日に再予定し、幹部に対する事件は4月19日まで延期されました。

連邦内国歳入庁は、ビナンスに対して付加価値税の未払い、法人所得税、税務申告の怠り、および顧客が税金を逃れるのを助長した共犯罪を含む脱税容疑を提起しました。FIRSの訴訟の前に、幹部はナイジェリア当局によって拘束され、暗号通貨取引所が違法に運営し、経済を操作していると非難されました。拘束された幹部の1人であるガンバリアンは、ナイジェリアの経済および金融犯罪取締委員会の拘留中に留置されています。

ビナンスは、ガンバリアンがナイジェリアで意思決定権を持っておらず、議論から除外されるべきだと述べました。ガンバリアンの妻は、彼の帰国を求める請願を開始しました。この状況は、ビナンスがナイジェリアで直面している継続的な法的課題を浮き彫りにし、裁判の審理が4月に延期され、さらなる手続きと解決に向けて進行しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: