VanEckが2030年までにEthereum Layer 2トークンの評価額が1兆ドルに達すると予測

By The Block – 2024/04/04 21:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
VanEckが2023年までにEthereum Layer 2ネットワークが1兆ドルの評価額に達する

新しい記事と類似した記事の両方が、VanEckがイーサリアムのLayer 2市場が1兆ドルの評価額に達すると予測していることを取り上げています。ただし、タイムラインは異なり、新しい記事では2030年までに、類似した記事では2023年までにそれが実現すると予測しています。両方の記事は、Layer 2トークン間の激しい競争とVanEckが多くのLayer 2トークンの長期的な価値見通しに対する弱気な感情について言及しています。新しい記事では2030年までの約410億ドルの純収益を予測しており、これは類似した記事では言及されていません。一方、類似した記事では、Arbitrumが180億ドルのロックトークンでリードし、トップ7のL2トークンが400億ドルの完全希釈価値(FDV)を持っているなど、現在の市場状況に関するより具体的な詳細が提供されています。したがって、全体的なトピックと感情は同じですが、新しい記事は新しい事実と異なるタイムラインを提供し、類似した記事はより詳細な現在の市場データを提供しています。

VanEckは2030年までにEthereum Layer 2市場が1兆ドルの評価額に達すると予測しています。この見積もりは取引コスト、ユーザーエクスペリエンス、信頼の前提、およびエコシステムの規模などの要因に基づいています。この楽観的な展望にもかかわらず、VanEckは市場での激しい競争を理由に、ほとんどのLayer 2トークンの長期的な価値見通しに慎重な姿勢を維持しています。

VanEckの分析には、46のLayer 2ネットワークを評価して市場評価を決定する作業が含まれていました。同社は将来のキャッシュフロー期待にフリーキャッシュフロー倍率を適用し、2030年までに約410億ドルの純収益を見込んでいます。Layer 2テクノロジーは、イーサリアムのスケーラビリティの課題に対する解決策として登場し、セキュリティを維持しながら取引量を増やし手数料を低減しています。ただし、Layer 2トークン間の競争は激しく、市場を支配するのはわずかな数のトークンだけと予想されています。

VanEckのアナリストは、いくつかの汎用Layer 2が主要プレーヤーとして台頭する一方、多くの小規模でユースケース固有のロールアップの台頭も予測しています。Layer 2市場での大幅な成長が見込まれるにもかかわらず、アナリストは、激しい競争と価値の蓄積の概念の投機的性質から、ほとんどのLayer 2トークンに対して弱気の見方を示しています。市場では、次の12〜18ヶ月で大量の新しい供給が投入される見込みであり、それらを大幅な割引なしで吸収することに課題が生じるでしょう。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: