Coinbaseアナリストによると、Bitcoinの最近の史上最高値は、ハーフィングが既に価格に反映されている可能性を示しています

By The Block – 2024/04/04 21:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoin Cash(BCH)がハーフィング後に10%急騰、Bitcoinは66,000ドルを維
ビットコインとイーサがハーフィングを控え、Q2が始まる中で下落

最新の記事では、ビットコインの価格急上昇と今後のハーフニングイベントについて取り上げられ、この急上昇が既に市場に織り込まれている可能性を示唆しています。また、ハーフニングがビットコインの価格に与える潜在的影響や、歴史データが限られていることから生じる不確実性についても言及しています。同様の記事では、ハーフニングイベント、そのビットコイン価格への潜在的影響、市場の反応などについても議論されています。しかし、新しい記事では、ハーフニングイベントの具体的な日程や最近のビットコイン価格の数字など、より具体的な詳細が提供されています。また、YouHolderのリスクマネージャーであるSergei Gorevの視点も紹介されており、同様の記事には言及されていない要素となっています。そのため、全体的なテーマは似ていますが、新しい記事では同様の記事にはない追加の詳細や視点が提供されています。

Coinbaseのアナリストは、Bitcoinの価格が最高値に急上昇したことが、トレーダーによって今後のハーフィングイベントが既に市場に織り込まれている可能性を示しているかもしれないと示唆しています。これにもかかわらず、ハーフィングが価格の急上昇につながる可能性が依然として広く信じられています。予想されるハーフィングは、今年の4月16日から4月22日の間に予定されており、Bitcoinの価格は$70,000前後で推移していましたが、その後$65,000台に急落しました。

YouHolderのリスクマネージャーであるSergei Gorevも、ハーフィングによる潜在的な価値の上昇が既に価格に織り込まれている可能性があると考えており、最近の価格の下落がそれを示していると述べています。 Gorevは、投資家がイベントを前に利益を確定し、増加するボラティリティに備えていると指摘しています。ただし、価格の下降は、長期的なトレンドではなく、むしろ修正と見なされています。ハーフィング後のBitcoinの価格に対するマクロ経済要因の影響は、過去のハーフィングイベントから得られる歴史データが限られているため、不確実です。

4年ごとに発生するハーフィングイベントは、マイナーが獲得するブロック報酬を半分に減らします。今回は、採掘される新しいブロックごとに獲得されるBitcoinが3.125 BTCになり、現在の6.25 BTCから減少します。歴史的には、Bitcoinはハーフィング後の12〜18ヶ月で大きな利益を上げており、供給の減少と需要の増加が推進要因となっています。最近のスポットBitcoin ETFの導入による需要の急増は、市場に新たなダイナミズムをもたらし、ハーフィング後の価格変動のタイミングや程度に影響を与える可能性があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: