リップル、需要拡大に応じて米ドルにペッグしたステーブルコインを導入

By CoinDesk – 2024/04/04 22:10:11 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
リップル、XRPレジャーとイーサリアムブロックチェーンでUSDバックドステーブルコインを発表

新しい記事と類似した記事の両方が、リップルが米ドルにペッグされたステーブルコインを立ち上げる計画について取り上げています。両方の記事は、ステーブルコインが米ドルの預金と政府証券で完全に裏付けられ、XRP Ledgerとイーサリアムブロックチェーン上で利用可能になることを述べています。ただし、新しい記事には、類似した記事にはない現在のステーブルコイン市場規模や予測される成長、リップルの戦略的ビジョンなどの追加情報が提供されています。また、リップルが直面している規制上の課題や企業クライアントや銀行機関への対応を目指す意向も言及されています。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事には類似した記事に含まれていない新しい事実や分析が含まれています。

ブロックチェーン業界の主要プレイヤーであり、XRPレジャーの創設者であるRippleは、米ドルにペッグした独自のステーブルコインを導入することを発表しました。この動きは、ステーブルコイン市場が急速に成長しており、Rippleが現在の市場規模を1500億ドル以上と見積もり、2028年までに2.8兆ドルを超えると予測していることから来ています。同社は、ユーザーに信頼性、安定性、有用性を提供するステーブルコインへの需要の増加に応えることを目指しています。

Rippleの新しいステーブルコインは、米ドル預金、短期米国債、およびその他の現金同等物で完全に裏付けられる予定です。この強固な裏付けへのコミットメントは、ユーザーに保証を提供し、Rippleのステーブルコインを市場で差別化することを意図しています。ステーブルコインは、最初にRippleの機関向けXRPレジャーとEthereumブロックチェーンに展開され、ERC-20トークン標準を利用します。Rippleの最高技術責任者であるDavid Schwartzは、短期的な利益最大化よりも長期的な市場存在と信頼性に焦点を当てています。

米証券取引委員会からの執行手続きを含む規制上の課題に直面しているにもかかわらず、Rippleがステーブルコイン分野に参入する決定は、成長する市場機会と同社の戦略的ビジョンに基づいています。透明性、コンプライアンスの優先順位、米国の銀行を準備金として活用することにより、Rippleは、安定かつ信頼性のあるデジタル資産を求める企業顧客や銀行機関に対応することを目指しています。同社のステーブルコインの導入は、XRPレジャー上の分散型ファイナンスエコシステムを強化し、現在TetherのUSDTやCircleのUSDCなどのステーブルコインによって支配されている市場で競争力のある提供を行うことを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: