14年ぶりに稼働した「サトシ時代」のビットコイン(BTC)

By CoinDesk – 2024/04/16 08:30:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコインマイナーが14年間触れられずに保持されていたBTCを300万ドル分移動

新しい記事と類似した記事の両方が、14年間眠っていた50ビットコインの動きについて報告しています。両方の記事は、ビットコインが分割されて2つの異なるウォレットに送られたことを述べています。類似した記事では、ウォレットに関する追加の詳細が提供されており、1つはCoinbaseなどの取引所と頻繁にやり取りしていると述べられ、もう1つは以前の活動がない新しいウォレットであると説明されています。新しい記事は、これらのウォレットに関するこのレベルの詳細を提供していません。しかし、両方の記事は、長期間眠っていたビットコインが移動されている傾向と、これがビットコインエコシステムに与える影響に焦点を当てています。したがって、両記事の主な事実と全体的な内容は同じです。

14年ぶりに50ビットコインを移動した初期の暗号通貨マイナーは、その時点で300万ドル以上の価値がある資産を、アジアの朝に2つのウォレットに移しました。このビットコインは2010年4月に報酬として受け取られ、当時の価値は数セントでした。

2009年末から2011年までの期間は、ビットコインの創設者であるサトシ・ナカモトが活動していた「サトシ時代」として知られています。最近、その時代の複数のウォレットが活性化し、1つは7月に3000万ドル、別のものは8月に1005ビットコインを移動しました。

また、13年間の休眠期間を経て、初期のマイナーから1000ビットコイン以上が12月に移動されました。これら初期の採掘時代の長期休眠中のビットコインの動きは、ビットコインの初期時代に関連するウォレットの活動を浮き彫りにしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: