英国、7月までに暗号ステーキング、カストディ、取引、ステーブルコインのための法制度を計画

By CoinDesk – 2024/04/16 09:20:08 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
英国大蔵大臣、政治的不確実性の中で新たな暗号通貨規制計画を発表
7月末までにUKが暗号資産規制フレームワークを導入、グローバルな暗号ハブの舞台を設定

新しい記事と類似した記事は、英国政府がステーブルコイン、暗号資産のステーキング、取引所、および保管に関する立法を6月または7月までに導入する計画について取り上げています。すべての記事は、金融行動監視機構(Financial Conduct Authority)とイングランド銀行が暗号資産空間を規制する役割に言及しています。また、保守党が英国を暗号資産の中心地として確立するという野心と、今後の選挙がこれらの計画に与える潜在的な影響を強調しています。新しい記事は、類似した記事で既に取り上げられている新しい事実や数字を提供していないため、その内容は基本的に類似した記事と同じです。

英国政府は、経済担当大臣ビム・アフォラミによると、ステーブルコイン、暗号ステーキング、取引、およびカストディのための法制度を6月または7月までに導入する計画です。この動きは、2023年に金融市場法が成立し、ステーブルコインや暗号活動の規制の基盤を築いた後、さまざまな暗号資産活動を初めて規制監督の対象とすることを目指しています。

地元の規制当局である金融行動監視局とイングランド銀行は、ステーブルコインの規制フレームワークについて協議しており、イングランド銀行はシステム的に重要なステーブルコインプロバイダーの監督に焦点を当て、金融行動監視局は広範な暗号空間の規制を検討しています。アフォラミは2月に次のステーブルコイン法の到来をほのめかし、政府が6か月以内にそれをまとめることにコミットしています。

保守党主導の英国政府は、国を暗号ハブとして確立したいと表明し、暗号規制について積極的に協議してきました。しかし、政権交代が起こる可能性がある今後の選挙により、これらの計画の将来には不確実性があります。労働党が現在、選挙に勝利する可能性が高く、保守党政府の暗号イニシアチブの実施に影響を与える可能性があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: