ブラックロック(BLK)の支持を受けても、金融業界にはビットコイン(BTC)の批判者が残る

By CoinDesk – 2024/04/16 09:40:09 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ブラックロックのビットコインファンドが記録的な流入と革新を牽引

The new article and the similar articles both discuss BlackRock's acceptance of Bitcoin and the creation of a spot bitcoin ETF. Both articles also mention CEO Larry Fink's positive stance on Bitcoin. However, the new article provides additional information not found in the similar articles. It discusses the skepticism towards Bitcoin from other finance professionals and firms, such as Mike Green from Simplify Asset Management, Vanguard, State Street, Goldman Sachs, Stone X Group's Kathryn Vera, and economist Peter Schiff. It also highlights the industry's lack of understanding of Bitcoin and other cryptocurrencies, leading to misinformation and reluctance to fully embrace Bitcoin. Therefore, while the articles share some similarities, the new article contains new facts and perspectives that are not present in the similar articles.

2023年、ブラックロックがスポットビットコインETFの申請を通じてビットコインを受け入れ、CEOラリー・フィンクの賞賛が、従来の金融界が仮想通貨に対する見方に大きな変化をもたらしました。しかし、これにもかかわらず、金融専門家の間ではビットコインに対する懐疑論が広く根強く残っており、Simplify Asset Managementのマイク・グリーンなど一部の人々は、それを価値ある資産ではなく富の移転手段と見なしています。

Simplify Asset Managementは、Simplify Bitcoin Strategy PLUS Income ETFなど、ビットコインに露出したファンドを提供していますが、VanguardやState Streetなどの一部の資産運用会社は、クライアントにスポットビットコインETFを提供していません。ブラックロックのiShares Bitcoin Trustで主要な役割を果たすゴールドマン・サックスは、ビットコインは投資ポートフォリオに適さないとの立場を再確認し、Stone X Groupのキャスリン・ベラや経済学者ピーター・シフなど他の批評家たちと同様に、ビットコインを投機的なバブルと見なしています。

ブラックロックやフィデリティなどの主要企業による複数のビットコインETFの創設にもかかわらず、一部の資産運用マネージャーは、ビットコインを投資対象として検討することに躊躇しています。業界の多くがビットコインや他の暗号資産に対する深い理解を欠いており、これが誤情報の拡散をもたらしています。一部の資産運用マネージャーは、暗号通貨に関連する複雑さや不確実性を避けつつ、高いリターンをもたらす他の投資を優先しており、金融業界全体がビットコインを完全に受け入れることに対する広範な抵抗を反映しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: