ノルウェー、暗号通貨マイニング抑制のためデータセンター規制計画

By CoinDesk – 2024/04/16 10:00:06 (JST)

ノルウェーは、国内でのエネルギー消費が激しい暗号通貨マイニングを制限するため、データセンターを規制する法律を導入する計画です。この法律により、データセンターの運営者は地元の規制当局に登録する必要があり、望ましくないプロジェクトを防ぐことを目指しています。デジタル化大臣のKarianne Tung氏とエネルギー大臣のTerje Aasland氏によると、この法律は業界を規制することを目的としています。

政府関係者は、ノルウェーでの暗号通貨マイニングに対して、その大きな温室効果ガス排出量を理由に反対の意向を表明し、国内で望まないビジネスの一例として挙げています。ノルウェーとスウェーデンは過去に水力発電などの再生可能エネルギー源が豊富であるため、暗号通貨マイナーを引き付けてきましたが、ノルウェーはこうした活動を抑制する措置を講じています。

以前、ノルウェーはスウェーデンのエネルギー懸念に対する暗号通貨マイニング禁止の取り組みを支持しており、EU内でビットコインなどの暗号通貨のエネルギー消費の激しいプルーフ・オブ・ワークの合意メカニズムを制限しようとする試みがありました。スウェーデンは昨年、データセンターに対する税金を引き上げ、暗号通貨マイニング活動を desuourageする試みを行い、この業界への規制監視が強まっていることを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: