OKXがPolygonと協力して新しいLayer-2ブロックチェーン「X Layer」を立ち上げ

By CoinDesk – 2024/04/16 11:10:06 (JST)

OKX、第4位の暗号通貨取引所が、PolygonのChain Development Kit(CDK)を活用して、開発者がゼロ知識技術を利用して独自のチェーンを構築できる新しいLayer-2ブロックチェーン「X Layer」を立ち上げました。この動きは、主要な暗号通貨企業が分散ネットワークを構築するトレンドに続くもので、Coinbaseが「Base」ブロックチェーンを導入し、KrakenがLayer-2ブロックチェーンの開発に興味を示しています。

X Layer(以前のX1)は、AggLayerを介してPolygonのエコシステムに接続し、さまざまなチェーン間で流動性の統合を促進することを目指しています。OKXの5000万人のユーザーは、X Layerに簡単に参加し、将来的には170以上の分散型アプリケーション(dapps)にアクセスできる見込みです。取引所は、X LayerなどのLayer-2チェーンをWeb3世界のインフラと捉え、dAppsをマーケットプレイス、自己ホスト型ウォレットをアクセス手段と位置付けています。

OKXのパブリックメインネット上でのX Layerの立ち上げは、取引所がユーザーエクスペリエンスを向上させ、進化する暗号通貨の景観内での提供を拡大する取り組みの重要な一歩となります。Layer-2技術を活用し、Polygonと協力することで、OKXはユーザーにシームレスな参加プロセスを提供し、堅牢な分散型エコシステムの発展に貢献することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: