イーサ(ETH)オプション、次の3か月は弱気傾向を示す

By CoinDesk – 2024/04/17 20:20:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
イーサ(ETH)とビットコイン(BTC)価格、市場センチメントと外部要因に反応

新しい記事は、ETHオプション市場におけるベアマーケットの雰囲気に焦点を当てており、ETHオプションのネガティブなコール・プット・スキューによって示されています。また、イーサリアムとビットコインの市場の期待の乖離にも注目しています。一方、類似した記事では、イーサリアムとビットコインの価格に影響を与える市場の雰囲気や外部要因について議論されています。両仮想通貨において、投資家の慎重なアプローチが短期プットオプションの価格がコールオプションよりも高くなっていることで反映されていると述べています。しかし、これらの記事ではETHオプションのネガティブなコール・プット・スキューや両仮想通貨間の市場期待の乖離について具体的な詳細は提供されていません。したがって、両記事ともにイーサリアムとビットコインの市場の雰囲気について議論していますが、新しい記事は類似した記事に含まれていない新しい事実と分析を提供しています。

イーサ(ETH)オプションは、次の3か月で価値が下落すると投資家が予想しており、ETHオプションの負のコール・プットスキューがそのことを示しています。このプットオプションへのシフトは、価格下落への保護を求めるトレーダーの弱気感情を示し、ビットコイン市場のより強気の見通しとは対照的です。

3か月のETHコール・プットスキューは1月以来初めて負に転じ、60日のスキューは-3%となり、10月以来の最低水準となりました。この傾向は、最近のイーサリアム-ビットコイン比率のデスクロスパターンと一致し、ビットコインに比べてイーサリアムの持続的な低迷を示しています。

イーサオプション市場の弱気感情にもかかわらず、ビットコイン市場のセンチメントは比較的ポジティブであり、BTCコールはさまざまな期間でプットよりも高く評価されています。イーサの180日スキューもわずかな強気のバイアスを示しており、2つの主要な暗号通貨間の市場期待の相違を浮き彫りにしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: