Centrifugeが機関DeFiの採用のために1500万ドルのシリーズA資金調達を達成

By The Block – 2024/04/17 21:20:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
Centrifuge、ブロックチェーン金融プラットフォームが1500万ドルのシリーズA資金調達を確保

この記事と類似した記事を比較すると、主要な事実は一貫しています。両方の記事は、ParaFi CapitalとGreenfieldが主導するCentrifugeの成功した1500万ドルのシリーズAラウンドについて報じています。資金調達の目的は、CoinbaseのBaseネットワーク上にレンディング市場を確立し、実世界の資産レンディングのための機関投資家向けの分散型ファイナンスプラットフォームを作ることも、両方の記事で同じです。類似した記事はまた、この記事の重要なポイントであるCoinbase Verificationとの統合に言及しています。この記事は資金調達ラウンドの過剰申し込みや他の投資機関について追加の詳細を提供していますが、これらの詳細は新しい事実を紹介するのではなく、同じ出来事を拡大しています。したがって、核となる情報は同じです。

CentrifugeはParaFi CapitalとGreenfieldが主導する1500万ドルのシリーズA資金調達を確保しました。同社はCoinbaseのBaseネットワークにレンディング市場を設立し、実世界資産(RWA)のレンディング向けの機関向けグレードの分散型ファイナンスプラットフォームを構築することを目指しています。Coinbase Verificationとの統合により、Centrifugeは機関がトークン化された実世界資産に迅速かつ安全にアクセスできるようにし、伝統的なファイナンスと分散型ファイナンスの間の準拠した方法でのギャップを埋めることを目指しています。

資金調達ラウンドは過剰申し込みとなり、Circle Ventures、IOSG Ventures、Arrington Capital、Spartan Group、Wintermute Venturesなどの様々な団体からの投資を含んでいます。Centrifugeの実世界資産トークン化プロトコルへの焦点は、RWAをトークンとして表現および取引することで、伝統的に流動性が低い市場での効率性とアクセシビリティを向上させることを目指しています。このRWAトークン化の機関採用への動きは、暗号通貨エコシステム内で貴重な機会と見なされており、様々な資産をコンポーザブル台帳に移行して市場参加とイノベーションを促進するものです。

Centrifugeの共同創設者であるLucas Vogelsangは、同社がアクセシビリティ、透明性、相互運用性にコミットしており、準拠した安全な方法でDeFiの革新を機関にもたらすことを強調しました。CoinbaseのインフラストラクチャとBaseレイヤー2を活用することで、Centrifugeは機関向けDeFi採用のための安全で分散化されたプラットフォームを提供し、分散型ファイナンスの進化する風景において重要なプレーヤーとして位置付けています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: