Coinify CEOが市場の強さにもかかわらず、Bitcoinハーフィングに関する懸念を表明

By The Block – 2024/04/17 23:40:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコインマイニングのCEOたちは、ハーフィングイベント前に楽観的

新しい記事と類似した記事の両方が、今後のビットコインのハーフィングイベントと市場への潜在的な影響について議論しています。ただし、新しい記事は、CoinifyのCEOが提起したハーフィングイベントがビットコインの価格に与える潜在的な負の影響に焦点を当てています。これは、マイナーからの売り圧力によるものです。また、ビットコインの広範な金融環境における強靭さについても論じています。一方、類似した記事は、ハーフィングイベントにもかかわらずビットコインマイニングのCEOたちの楽観的な展望とその低調さについて議論しています。また、マイニング業界における強力な取引手数料収入とAIアプリケーションへの需要の成長の潜在的な利点を強調しています。したがって、両方の記事は同じイベントについて議論していますが、異なる視点と分析を提供しており、それにより互いに異なるものとなっています。

暗号通貨決済企業CoinifyのCEOは、今後のBitcoinハーフィングイベントの潜在的な影響について懸念を表明し、それが「噂を買い、ニュースを売る」シナリオを引き起こす可能性があると述べました。ハーフィングはマイナーの報酬を半減させるため、効率の低いマイニング運用が非収益性に陥る可能性があります。これにより、これらのマイナーは電力コストや機器のメンテナンスなどの運用費用を賄うために既存のBitcoin保有を売却する必要が生じるかもしれません。マイナーからの売り圧力が既存の買い注文を圧倒し、Bitcoinの価格を押し下げ、市場で負のフィードバックループを作り出す可能性があります。

さらに、CoinifyのCEOは、ハーフィングイベントへの価格反応が即時的でなく、数か月にわたって展開する可能性があると強調しました。彼は、過去のハーフィングで見られた大幅なパーセンテージの上昇を再現することが、現在のBitcoin市場の規模のために難しいかもしれないと述べました。歴史的には、ハーフィング後の成長はイベント後6〜18か月で発生し、市場が拡大するにつれて大きな価格変動が統計的により少なくなる傾向があります。これは、ハーフィングイベントが重要である一方、Bitcoinの価格へのその完全な影響には時間がかかる可能性があることを示唆しています。

金融全体の景気では、Bitcoinは、米連邦準備制度が金利を長期間高水準に維持する可能性を示唆しているにもかかわらず、他のリスク資産と共に反発し、強さを示しています。連邦準備制度議長の制限的な金融政策を維持する発言は市場のセンチメントに影響を与え、トレーダーはさまざまな資産クラスへの影響を注視しています。株式は、金利引き下げの期待が遅れたことに対する強さを示していますが、トレーダーは企業の決算報告や市場動向に基づいて株式への露出を維持または増やす理由を探して慎重な姿勢を保っています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: