Worldcoinが人間取引とボット対策に焦点を当てた「World Chain」レイヤー2を予告

By Blockworks – 2024/04/18 00:00:00 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
WorldcoinのWorld Chain:暗号空間における身元確認の革新
WorldcoinがWorld Chainを導入:Web3アプリケーション向けのユーザーセントリック

The new article and the similar articles all discuss the upcoming launch of Worldcoin's World Chain, a layer-2 network on Ethereum. They all mention the unique feature of prioritizing human transactions over bots and the use of 'proof of personhood' technology. However, the new article provides additional information not found in the similar articles. It mentions the implementation of higher gas fees for bots to subsidize casual users and the redistribution of these fees by the Worldcoin Foundation. It also discusses the regulatory challenges faced by Worldcoin in Spain, Portugal, France, Germany, and Kenya. These details are not present in the similar articles, indicating that the new article contains new facts.

Worldcoinは、この夏にEthereumのOptimismから離れ、混雑問題に対処するためにWorld Chainと呼ばれるレイヤー2を立ち上げる予定です。新しいレイヤー2は、ボットよりも人間取引を優先し、ボットによるカジュアルユーザーの補助のためにボットにより高いガス手数料を導入することを目指しています。Worldcoinの人間性の証明技術とボット対策は、World Chainの主要な特徴であり、支払いや身元確認などの現実世界のアプリケーションに焦点を当てています。

Worldcoin Foundationは、World Chain上のボットからより高いガス手数料を徴収し、それを人間ユーザーに再配分してより公正なエコシステムを作り出す予定です。ボットの不利益化により、Worldcoinは自身のレイヤー2での有機的な利用を促進し、より多くのユーザーを引き付けることを期待しています。取引ボットからの潜在的な収益損失にも関わらず、Worldcoinの中核チームは人間を優先し、将来的にユーザーベースを大幅に拡大することを目指しており、短期的な利益よりも長期的な戦略を重視しています。

現在、WorldcoinのWLDトークンは約$4.94で取引されていますが、プロジェクトはデータ収集方法に関する規制上の課題に直面しています。スペインとポルトガルは、Worldcoinのデータ収集に一時的なブロックを課し、フランス、ドイツ、ケニアの規制当局も懸念を表明しています。これらの障害にもかかわらず、Worldcoinは自身のレイヤー2技術とエコシステムの開発に焦点を当て、現実世界のアプリケーションをサポートし、採用を推進しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: