Worldcoin、改善されたユーザーエクスペリエンスのためのLayer 2ブロックチェーン「World Chain」を発表

By The Block – 2024/04/18 00:20:08 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Worldcoinが人間取引とボット対策に焦点を当てた「World Chain」レイヤー2を予告
WorldcoinのWorld Chain:暗号空間における身元確認の革新

新しい記事と類似した記事はすべて、WorldcoinによるLayer 2ブロックチェーンであるWorld Chainのローンチについて取り上げています。すべての記事は、プロジェクトがボットよりも人間のユーザーを優先し、アイリススキャンを使用して人間性を検証し、WLDトークンを報酬として提供することに焦点を当てています。類似した記事では、ボット向けの高いガス手数料、World IDの使用、およびデータ収集方法に関するプロジェクトの課題についても取り上げています。しかし、新しい記事では、Layer 2ブロックチェーンがイーサリアムによってセキュリティを確保されること、類似した記事には言及されていない500万人以上のユーザー数という新しい数字を提供しています。したがって、全体的な内容の類似性にもかかわらず、新しい記事には類似した記事とは異なる新しい事実や数字が含まれています。

Worldcoinは、World Chainという独自のLayer 2ブロックチェーンを立ち上げる予定であり、効率を向上させ、ユーザーをボットよりも優先させることを目指しています。新しいLayer 2は、Ethereumによって保護され、人間として確認されたユーザーには優先的なブロックスペースと一部の無料ガスを提供します。Sam AltmanのTools for Humanityが率いるWorldcoinプロジェクトは、アイリススキャンによる人間性の確認後、個人にWorld IDを割り当て、WLDトークンで報酬を与えることに焦点を当てています。

World Chainの目的は、新規ユーザーの大規模なオンボーディングを容易にし、既存ユーザーにより速く、安く、信頼性の高い取引を提供することです。このLayer 2ブロックチェーンは、今夏にリリースされる予定であり、Tools for Humanityは、インターネットの将来の健全性のために人間と非人間のアクターを区別する重要性を強調しています。Worldcoinは既にウェブサイトで5百万人以上のユーザーを獲得しており、プロジェクトの成長と暗号空間への影響を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: