ビットコインマイナーがハーフニング後のM&A機会に備える

By Blockworks – 2024/04/18 01:02:21 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコインマイナーのCEOたちはハーフィングを前に楽観的で、M&Aの増加を期待

新しい記事と類似した記事の両方が、ハーフィングイベントに続くビットコインマイニング業界における合併・買収(M&A)の期待について取り上げています。両方の記事は、マラソンデジタル、ライオットプラットフォーム、およびクリーンスパークなどの主要マイニング企業の戦略的位置付けが、M&Aの機会に備えて言及されています。ただし、新しい記事は、これらの企業がハーフィング後のM&A活動に備えて取る具体的な手順についてより詳細な情報を提供しています。たとえば、マラソンデジタルの最近の買収や2025年までにハッシュレートを倍増させる目標、ライオットプラットフォームの自己採掘ハッシュレート容量を増やすためのマイニングマシンの発注、クリーンスパークの積極的な買収戦略などが言及されています。新しい記事では、類似した記事には含まれていないApplied DigitalやGreenidge Generationなど、ハーフィング後のM&Aの景色における潜在的な売り手についても議論されています。したがって、記事全体のテーマは同じですが、新しい記事は類似した記事に含まれていない新しい事実や詳細な情報を提供しています。

ビットコインの半減に伴い、マイニング企業はブロックごとのマイニング報酬が減少するため、業界におけるM&A(合併・買収)の可能性に備えている。Marathon DigitalやRiot Platformsのような企業は、潤沢な手元資金を備え、半減後の状況における事業拡大の機会を戦略的に位置づけている。Marathon Digitalは、2025年までにハッシュレートを毎秒50エクサハッシュ(EH/s)に倍増させることを目標に、テキサス州とネブラスカ州にある施設や、Applied Digitalから現金8700万ドルで買収するなど、すでにハッシュレートを高めるための対策を講じている。一方、Riot Platformsは、セルフマイニングのハッシュレート能力を41EH/秒に高めるため、かなりの数のマイニングマシンを発注しており、テキサス州でのさらなる拡張を計画している。

CleanSparkとCore Scientificは、ハッシュ化後のM&A活動に積極的に取り組んでおり、資金力を活かして戦略的な買収を行っている。クリーンスパークは、3月31日現在で約3億ドルの現金と5,021BTCを保有しており、半減期以降の成長機会に焦点を当て、業界で積極的な買収を行う意向を表明している。コア・サイエンティフィックは、1月の破産から立ち直り、より現実的なアプローチを採用しており、既存施設内でエクサハッシュを成長させるため、機会的な機械購入を重視している。対照的に、ハット・エイトは成長に対して慎重で、M&A活動とコスト重視の戦略のバランスをとりながら、株主への価値創造を確実なものにしている。

買い手候補に加え、アプライド・デジタルやGreenidge Generationのように、ハルビング後に売り手となる可能性のある企業もある。アプライド・デジタルは最近、テキサス州の施設を9,730万ドルでマラソンに売却し、ハイパフォーマンス・コンピューティング・データセンターに重点を移した。Greenidge Generationは、サウスカロライナ州の採掘設備をNYDIGに売却する一方で、買収を通じて電力容量を拡大しており、ハルビング後のM&Aや提携の可能性を示唆している。アナリストは、今後、採掘関連のM&Aが活発になる と予想しており、資本力のある企業が中小企業を買収する 可能性が高い一方、小規模で効率性の低い採掘業者は、経営 の統合と最適化を目指す業界大手の課題に直面し、買収 のターゲットになる可能性があるとしている。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: