EYがPolygon PoS上でOpsChain契約マネージャーを導入、ビジネス契約管理を強化

By Blockworks – 2024/04/18 03:43:55 (JST)

EYがOpsChain契約マネージャーを導入し、クライアントが契約を公開ブロックチェーンに配置しながら、ビジネスデータをゼロ知識回路を通じて保護するサービスを提供しました。EYは、Ethereum上で動作していると宣伝されていますが、現在はPolygonのプルーフオブステーク(PoS)上で稼働しています。EYはzkプルーフのビジネス潜在性を探求し、将来的にはゼロ知識ロールアップであるNightfallをEthereumメインネットに移行することを目指しています。

EYの公開ブロックチェーンへの移行は、かつて企業向けブロックチェーンアプリケーションで人気があったプライベートブロックチェーンからの転換を示しています。EYのブロックチェーン部門を率いるPaul Brodyは、プライベートブロックチェーンが真のプライバシーを提供する限界を強調し、Ethereumなどの公開ブロックチェーンを好む傾向があります。NightfallやStarlightを含むEYのツールにより、企業はPolygonのスマートコントラクトを使用して契約を実行し、プライバシーとコスト効率が向上します。

EYによるOpsChain契約マネージャーの導入は、企業目的で公開ブロックチェーンを活用する重要な一歩となりました。ゼロ知識技術を活用し、Ethereumメインネットに移行することで、EYは契約管理プロセスを効率化し、企業の透明性を向上させることを目指しています。この移行は、企業向けブロックチェーンアプリケーションの領域における公開ブロックチェーンの重要性の増大を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: