米国上院議員ルミス、ギリブランドがステーブルコイン規制法案を提出

By CoinDesk – 2024/04/18 04:50:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
上院議員ルミスとギリブランドが新しいステーブルコイン法案を提出
米国議員が安定コイン支払い法案を提案、規制と監督を目指す

米国上院議員ルミス氏とギリブランド氏による新しい法案の提出について、新聞記事と類似した記事はすべて同じトピックを取り上げています。すべての記事で重要視されているポイントは、ステーブルコイン発行者が1:1の準備金を保有すること、未保証のアルゴリズムステーブルコインの禁止、二元銀行制度の下での規制フレームワークの確立、消費者保護と米ドルの優位性の維持が含まれています。しかし、新しい記事には、類似した記事にはない追加情報が提供されており、非預金信託機関が支払い用ステーブルコインを発行するための100億ドルの上限や、大規模な発行者が認可を受けた預金機関である必要があるという要件などが含まれています。したがって、全体的な内容は似ていますが、新しい記事には類似した記事にはない新しい事実が含まれており、それによって独自性が生まれています。

米国上院議員シンシア・ラムイスとカーステン・ギリブランドは、米国内でステーブルコインを規制する新しい法案を提出しました。提案された法律は、支払いステーブルコイン発行業者に対する要件を明確にし、準備金、運用基準、およびステーブルコイン発行専用の子会社の設立が必要とされています。発行業者は、ドルに裏付けられたトークンで取引し、準備資産による完全な裏付けを確保することが義務付けられ、州および連邦規制当局の監督を受けます。

この法案では、支払いステーブルコインをドルにペッグされたデジタル資産と定義し、米ドルの優位性を維持する重要性を強調しています。アルゴリズムステーブルコインを禁止し、反マネーロンダリングおよび制裁規則の遵守を義務付けています。提案された法律は、非預託信託機関が支払いステーブルコインを発行する上限額を100億ドルとし、大規模な発行業者は認可を受けた預託機関であることが求められます。この法案は、金融業界の変化に対応し、二元銀行制度と消費者保護を維持しつつ、要求に応じることを目指しています。

ラムイス上院議員とギリブランド上院議員は、デジタル資産に関連する様々な法案で協力し、分散型ファイナンスの定義や暗号資産に対する規制の管轄を明確にすることに焦点を当ててきました。ステーブルコインの規制は、米国での両党合意の可能性がある分野として位置付けられており、連邦航空局再認可などの重要な法案にこのような規制を付加する取り組みが行われています。提案された法案は、ステーブルコインに対する堅固な規制枠組みを確立し、透明性、消費者保護、既存の金融規制への遵守を重視しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: