ビットコインのヘッジとしての役割が市場の変動によって再び検証される

By CoinDesk – 2024/04/18 05:20:11 (JST)

ビットコインのヘッジとしての役割が市場の変動によって再び検証される中、イランのガザ地区へのミサイル攻撃に続く著しい下落を経験し、金の急騰と対照をなしています。この出来事が、金などの伝統的資産と比較してビットコインのヘッジングの潜在能力についての議論を引き起こしました。潜在的な連邦準備制度の決定への市場の反応やビットコインがテック株に似ていることが、経済の不確実性や地政学的緊張に対する信頼性のあるヘッジとしての役割に疑問を投げかけています。金とビットコインの危機への反応の対照的な振る舞いは、ビットコインのヘッジング能力の真の性質についての議論を助長しています。

S&P 500との無相関から機関化された資産へのビットコインの変容は、ヘッジとしての意図された目的についての疑問を呼び起こしました。ビットコインの流通量の増加、保有者数の増加、およびクジラとして知られる大口保有者の影響などの要因が、市場でのビットコインの振る舞いを形作るのに貢献しています。スポットビットコインETFの導入やビットコインの主流採用の可能性は、伝統的資産との相関の増加とボラティリティの低下をもたらす可能性があり、市場変動に対する単独のヘッジとしてのビットコインの従来の認識に挑戦しています。

「ハイパービットコイン化」という概念は、ビットコインの普及によってそのボラティリティが低下し、実用的な交換手段としての地位を確立する未来を描いています。しかし、ビットコインに

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: