英国議会議員、政府による暗号通貨、ブロックチェーンスキルパイプラインの開発への投資を提唱

By CoinDesk – 2024/04/18 06:50:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
英国議員が暗号通貨とAI産業のためのデジタルスキルへの政府投資を提唱

この記事と類似した記事の両方が、英国政府が暗号通貨、ブロックチェーン、AI分野のスキル開発に投資する取り組みについて論じています。両方の記事は、デジタルスキルを教育に早い段階から取り入れる重要性や、英国政府が国を暗号通貨の中心地として確立することを目指していることを述べています。両記事はまた、Ripple、Circle、Tetherなどのブロックチェーン企業とのパートナーシップの役割を強調し、デジタルスキルのギャップに対処しています。英国経済へのスキルギャップの見積もりコストも両記事で言及されています。この記事には、類似した記事で既にカバーされている新しい事実や数字はありません。

英国議会議員は、暗号通貨、ブロックチェーン、AI分野の雇用需要に対応するため、政府がスキル開発に投資するよう求めています。デジタルスキルを教育に早い段階から取り入れる重要性を強調し、デジタル経済の機会を最大限に活用できるようにする必要性を訴えています。

英国政府は、国を暗号通貨の中心地と位置付けることを目指し、既に暗号通貨を規制された活動と認識する法律を実施しており、ステーブルコインやその他の暗号通貨活動に関する追加規制が進行中です。しかし、デジタルセクターの雇用主が必要な人材を見つけるのに苦労していると、議員リサ・キャメロンは述べています。

キャメロンは、Ripple、Circle、Tetherなどのブロックチェーン企業とのパートナーシップの重要性を強調し、デジタルスキルのギャップに対処する必要性を指摘しています。このギャップは、英国経済に年間630億ポンド(790億ドル)の損失をもたらすと推定されています。技能担当大臣のルーク・ホールは、これらのギャップに対処し、英国がテックの覇権を目指すために教育と訓練に投資する必要性を認めています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: