Usual LabsがKraken VenturesとIOSG Venturesから700万ドルの資金調達を行い、USD0ステーブルコインを立ち上げへ

By CoinDesk – 2024/04/18 08:50:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
IOSGとKraken Venturesが主導するUsual Labsが700万ドルを調達
Stablecoin Developer Usual LabsがUSD0のローンチのために700万ド

新しい記事と類似した記事はすべて、Usual LabsがIOSGとKraken Venturesから資金調達で700万ドルを調達し、ステーブルコインUSD0の立ち上げに充てることを報じています。USD0にロックされた総額は7500万ドルで、すべての記事で言及されています。今年の第2四半期にイーサリアムメインネット上でUSD0を立ち上げる計画は、テストネットフェーズを完了し、スマートコントラクトの監査を通じてセキュリティを確保した後に行われる予定です。新しい記事には、類似した記事で既にカバーされている新しい事実や数字は提供されていないため、独立したニュースとして報じる価値のある新しい情報は含まれていないようです。

Usual Labsは、USD0ステーブルコインの立ち上げのために700万ドルの資金調達と総ロックバリューが7500万ドルを確保しました。IOSG VenturesとKraken Venturesを主要共同投資家として、100を超える企業が資金調達に参加しました。同社は、テストネットフェーズを完了し、スマートコントラクトの監査を通じてセキュリティを確保した後、第2四半期にEthereumメインネット上でUSD0をローンチする予定です。

USD0は、実世界の資産で裏付けられた許可されたステーブルコインであり、これらの資産から利回りを得るホルダーに提供されます。USD0は、ユーザーの安全性とガバナンスを重視することで差別化を図り、競争が激しいステーブルコイン市場で存在感を示しています。USDT、USDC、DAIなどのステーブルコインは、総供給額が1414億ドルに達し、市場の90%以上のシェアを占めています。ステーブルコインは、さまざまな金融機関や消費者プラットフォームによって増えているクロスボーダー決済に利用されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: