Worldcoin、Sam AltmanのWorld Chainプロジェクトがユーザーエクスペリエンスとデジタルアイデンティティを向上

By CoinDesk – 2024/04/18 10:30:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Worldcoin、改善されたユーザーエクスペリエンスのためのLayer 2ブロックチェーン「Wor
WorldcoinがWorld Chainを導入:Web3アプリケーション向けのユーザーセントリック

The new article and the similar articles all discuss the launch of World Chain, a layer-2 network on Ethereum, by Worldcoin. They all mention the unique feature of Worldcoin's project, which is the use of iris scans to verify human users and prioritize them over bots. Both similar articles and the new one mention the aim of reducing costs and enhancing user experience. However, the new article provides more detailed figures, stating that Worldcoin has onboarded over 10 million users across 167 countries and has surpassed 70 million transactions. These specific figures are not mentioned in the similar articles. Therefore, while the overall content is similar, the new article provides additional, more detailed information.

Sam AltmanのWorldcoinプロジェクトは、今年の夏にデビューするEthereum上のレイヤー2ネットワークであるWorld Chainを立ち上げます。ユーザーが目をスキャンすると、「World ID」デジタルパスポートが付与され、ボットよりも優先的なブロックスペースと一部の無料ガスが提供されます。独立したチェーンへの移行は、プロジェクトへのコントロール強化、ユーザーへのコスト削減、現実世界のユーティリティアプリケーションに焦点を当てた開発者の引き付けを目指しています。

OP Stackフレームワークに基づくWorld Chainは、レイヤー2の「ロールアップ」を活用して取引をまとめ、直接のEthereum取引に比べて安い手数料を提供します。ネットワークは、検証済みの人間からの取引を優先し、ボットも取引を提出できる一方で、より速い処理を保証します。Worldcoinのユニークな「orb」デバイスは、人間を確認するために目をスキャンし、167カ国以上で1,000万人以上のユーザーを獲得しており、AIアプリケーションの拡大に伴い「人間の証明」を強調しています。

2021年の立ち上げ以来、プライバシーの懸念や批判に直面しているにもかかわらず、Worldcoinの進化には新しい暗号技術や問題解決のためのアップデートが含まれています。プロジェクトは、70,000万取引を超える大きな成長を遂げ、Ethereum創設者のVitalik Buterinは、プライバシー対策の強化に向けたWorldcoinの取り組みを評価しています。World ChainがWorld IDをさまざまなウォレットアプリに統合し、WLDトークンをETHと並ぶ主要通貨に昇格させることで、Worldcoinはデジタルアイデンティティとユーザーエクスペリエンスの向上に取り組んでいることを示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: