バイナンス、ドバイで完全なVASPライセンスを獲得

By CoinDesk – 2024/04/18 18:30:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビナンスCEO:ビナンス、ドバイで仮想資産サービスプロバイダーライセンス取得

新しい記事と類似した記事の両方が、バイナンスがドバイで完全なVASPライセンスを取得したことについて取り上げています。両方の記事は、このライセンスによりバイナンスが機関、適格投資家、小売トレーダーにサービスを提供できるようになることを述べています。また、両方の記事は、チャンペン・ジャオがバイナンスFZEの投票権を放棄しなければならなかったことも言及しています。しかし、新しい記事は、バイナンスが2023年中盤に運用MVPライセンスを以前に取得していたことに関する追加情報を提供しており、また、ジャオが現在、米国で司法省からの告発を受けて判決を待っていることも述べています。これらの詳細は類似した記事には含まれていません。したがって、主題は同じでも、新しい記事は類似した記事に含まれていなかった追加の事実を提供しています。

バイナンス、世界最大の暗号通貨取引所は、ドバイの仮想資産規制機関(VARA)から完全な仮想資産サービスプロバイダー(VASP)ライセンスを取得しました。この成果は、CEOリチャード・テングの発言によると、バイナンスのコンプライアンス、透明性、およびデジタル資産分野での成長への献身を反映しています。

バイナンスの地元部門であるバイナンスFZEは、以前に2023年中盤に運用MVPライセンスを取得し、機関投資家や適格投資家向けにサービスを提供することが可能となりました。これには、ブローカーディーラーサービスや仮想資産デリバティブ取引も含まれています。完全なVASPライセンスの発行は、バイナンスFZEのゼネラルマネージャーアレックス・シハデによると、ドバイのブロックチェーン技術に対する先見的なアプローチを示しています。

ライセンス条件の一環として、バイナンスの共同創業者で元CEOであるチャンペン・”CZ”・ジャオは、ブルームバーグが報じたところによると、地元部門に対する投票権を放棄する必要がありました。現在、アメリカに滞在中のCZは、司法省の告訴に続いて4月30日に判決を受ける予定です。出版時点では、バイナンスやVARAはこれらの条件についてコメントしていませんでした。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: