EigenLayerの中央集権化リスクとイーサリアムメインネット上のスラッシングイベント

By Blockworks – 2024/04/18 18:44:22 (JST)

EigenLayerは、総額120億ドル以上のトータルバリューロックを持ち、最近、Ethereumのメインネットでの立ち上げを行い、リステーキングエコシステムの構築を目指しています。この動きには大きな潜在能力がありますが、予測不能なリスクも導入されます。Chorus Oneの報告書で強調されている主要な懸念事項の1つは、EigenLayerが中央集権化への圧力に直面する可能性があり、これはEthereumネットワーク全体に深刻な影響を及ぼす可能性があります。報告書は、重要なリスクとして、スラッシングの連鎖イベントが挙げられており、ロックされたイーサが大幅に損なわれ、Ethereumのセキュリティが脅かされる可能性があります。スラッシングイベントは、EigenLayerでオペレーターが規則違反でステークを没収される場合に発生し、大規模なオペレーターが重大なスラッシングイベントを経験した場合には、連鎖的な影響をもたらす可能性があります。このシナリオは、特に少数の大規模ノードオペレーターが関与する場合には、Ethereumのセキュリティに悪影響を及ぼす可能性があります。EigenLayerでのスラッシングイベントの正確なリスクは、スラッシングルールが確立されていないため不確実であり、Ethereumでのスラッシング事例は比較的稀であると指摘されています。ただし、報告書は、AVSが高いセキュリティレベルを持つオペレーターを好む傾向にあるため、中央集権化がEigenLayerにとってより直接的なリスクをもたらす可能性があると強調しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: