Bitcoinマイニング企業Foundryがハーフィングの「エピックサット」収益を再配分する計画 | The Block – 要約

By The Block – 2024/04/18 19:20:05 (JST)

Foundry DigitalのUSA Pool Teamは、Bitcoinのハーフィングブロックで最初のサトシを採掘した場合、収益をメンバーに配分する意向です。チームは「エピックサット」を収益化し、収益の100%をプールメンバーにハッシュレートに基づいて割り当てる予定です。しかし、一部のユーザーはこの計画や「エピックサット」の概念に懐疑的であり、1人のユーザーはこれを詐欺と呼んでいます。ハーフィングイベントは、マイナーの報酬を6.25 BTCから3.125 BTCに削減する見込みです。

「エピックサット」とは、ハーフィングイベント後に採掘された最初の個々のサトシを指し、Ordinalsプロトコルによりこれらのサトシを番号付けしてコレクタブルとして取引できるようになります。Foundry Digitalは、このイベントから生じる収益を、プールメンバーのハッシュレートに基づいて配分することを目指しています。チームの計画にもかかわらず、一部のユーザーは配分計画の正当性や「エピックサット」の存在に疑念を抱いています。Bitcoinのコア開発者Luke Dashjrは、この計画を詐欺と呼びました。

ハーフィングイベントが近づく中、Foundry DigitalのUSA Pool Teamは、ハーフィングブロックで最初のサトシを採掘し、その収益をメンバーに配分する準備をしています。チームは配分戦略を明確にしていますが、一部のユーザーの間では、この計画や「エピックサット」の概念に対する懐疑が残っています。マイナー報酬を削減するこのイベントは、近々行われる予定です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: