Coinbase International Exchange、非米国顧客向けに$WIF永続先物取引を開始

By The Block – 2024/04/19 03:30:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Coinbase International ExchangeがDogwifhat永続先物を開始

まず、この記事と類似の記事の両方がCoinbase International Exchangeによる新しい永続先物取引の開始について取り上げています。主な違いは、開始される先物の具体的なタイプにあります。類似の記事ではDogwifhat永続先物の開始が言及されていますが、この記事では$WIF永続先物の開始が発表されています。さらに、この記事ではCoinbaseが米国で直面してきた規制上の課題、全米先物協会から受けた承認、および派生商品市場の著しい成長に関する詳細な情報を提供しています。これらの詳細は類似の記事には含まれていません。したがって、全体的な類似性にも関わらず、この記事には新しい事実とより包括的な情報が含まれています。

Coinbase International Exchangeは、4月25日に特定の管轄区域の非米国顧客向けに$WIF永続先物取引を開始すると発表しました。この取引は、当日9:30にSolanaベースのmemecoin永続先物取引を提供するCIEの国際プラットフォームとCoinbase Advancedによって実施されます。この動きは、Pepeベースの永続先物取引の開始が最初に予定されていた4月18日に遅れが生じたことに続くものです。

Coinbaseは特定の地域の非米国顧客向けに永続先物取引を提供するための規制承認を取得していますが、米国で同様の認可を得ることは、規制当局が暗号通貨ベースの先物取引製品に対する慎重さから、より困難であるとされています。しかし、昨年、National Futures AssociationはCoinbaseに対し、Coinbase Advancedを通じて限られた米国小売トレーダーに対して暗号通貨先物取引を提供する許可を与えました。取引量は先月、CoinDeskによると86.5%増の$6.18兆に急増し、これに応じて取引所は永続先物取引の拡大を目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: