Avail、リークしたスクリーンショットの後、トークンエアドロップの詳細を確認

By CoinDesk – 2024/04/19 10:50:08 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Availが600億トークンのエアドロップ計画を発表

The new article and the similar articles both discuss Avail's plan for a token airdrop, including the number of tokens to be distributed (600 million), the number of eligible wallet addresses (354,605), and the distribution schedule (upon the launch of Avail DA). Both articles also mention the same groups of eligible recipients, such as developers, testnet contributors, rollup users, Polygon PoS stakers, and community members. However, the new article provides additional information about Avail's other core products, Avail Nexus and Avail Fusion, which is not mentioned in the similar articles. Therefore, while the main topic is the same, the new article contains new facts that are not present in the similar articles.

Avail、突出したブロックチェーンデータ可用性プロジェクトは、ソーシャルメディアプラットフォームXでの適格基準のリークしたスクリーンショットに続き、トークンエアドロップの計画を正式に発表しました。このエアドロップでは、ブロックチェーンエコシステム開発者、テストネット貢献者、ロールアップユーザー、Polygon PoSステーカー、および重要な貢献をしたAvailコミュニティメンバーを含む354,605の適格ウォレットアドレスに6億トークンが配布されます。

トークンエアドロップの受取人は、5月4日まで請求を検証でき、Avail DAのローンチ時に配布が予定されています。エアドロップの詳細は以前CoinDeskによって報告され、Availのブログ投稿が後にこれらの詳細の多くを確認しました。Availは昨年、ブロックチェーンのオフチェーンデータ処理を支援するDAソリューションで注目を集め、CelestiaやEigenlayerのEigenDAなどのプロジェクトの登場に伴い、DAソリューションへの関心が高まっています。

トークンエアドロップに加えて、Availは、さまざまなロールアップを接続するインフラストラクチャレイヤーであるAvail Nexusや、イーサやビットコインなどの暗号資産を取り込んでセキュリティを強化するAvail Fusionなど、他の主要製品の計画を明らかにしました。このプロジェクトは、エアドロップを通じて異なるブロックチェーンコミュニティを統合し、ブロックチェーンエコシステム内のさまざまな分野で貢献者を認識し報酬することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: