Bitcoinがイランへの報復攻撃を受けて60,000ドルを下回る

By CoinDesk – 2024/04/19 12:00:11 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
イスラエルとイランの地政学的緊張に対する仮想通貨市場の反応
市場が回復し、香港BTC ETFを待つ中、BTCが65,000ドルを超える

新しい記事と類似した記事は、イスラエルとイランの地政学的緊張がビットコインやイーサリアムを含む暗号通貨市場に与える影響について議論しています。ただし、新しい記事では、具体的なパーセンテージでのビットコインとイーサリアムの価格下落やアジア株式指数への影響など、市場反応に関するより詳細な数字が提供されています。また、類似した記事には触れられていない、トークン化されたゴールドバージョンであるPAXGの上昇についても言及されています。さらに、新しい記事には、March ZhengとJun-Young Heoという専門家の意見が含まれており、類似した記事には存在しません。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事には類似した記事にはない追加の詳細や視点が提供されています。

Bitcoinは、イランが最近のミサイル攻撃に対するイスラエルの報復により5%下落し、$60,000を下回りました。この暴落後、仮想通貨はイランの軍事基地や飛行場への攻撃のニュースに続いて急速にその水準に回復しました。Etherも3.45%下落し、$2,800で取引されており、市況に対応してトークン化されたゴールドバージョンであるPAXGは、市況に反応してほぼ3%上昇しました。

Bizantine CapitalのMarch Zhengなどの市場専門家は、市況の乱れが続く場合、Bitcoinの次の重要水準として$55,000を挙げました。戦争関連のニュースがパニック売りを引き起こす可能性がある中、PrestoのデリバティブトレーダーであるJun-Young Heoは、これを有利な買い場と見なしています。この紛争の影響は、主要なアジア株指数にも及び、香港のハンセン指数は3.5%、日本の日経225は6.5%、台湾のTAIEXは5%下落しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: