暴落相場とハーフィングイベント前に暴騰する暗号通貨の清算

By The Block – 2024/04/19 18:40:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコインとイーサリアム、ハーフィングイベント前に価格の変動を経験
ビットコインの支配が3年ぶりの高値に達し、暴落後に暗号通貨価格が回復

新しい記事と類似した記事は、最近の暗号通貨市場の波乱について議論しており、特にBitcoinに焦点を当てています。すべての記事は、今後のハーフィングイベントとそれがBitcoinの価格に与える潜在的な影響に言及しています。ただし、新しい記事は市場での清算額に関する具体的な数字を提供しており、これは類似した記事には記載されていません。また、GM 30指数とその増加についても取り上げており、これは類似した記事ではカバーされていません。さらに、新しい記事にはCoinbaseのアナリストからのコメントも含まれており、類似した記事には見られない独自の視点が追加されています。したがって、全体的なトピックや一部の詳細は類似していますが、新しい記事には類似した記事とは異なる新しい事実と分析が含まれています。

暗号通貨市場の波乱により、昨日だけで清算額が1億5200万ドルを超え、市場全体では総額2億9000万ドル以上の清算が発生しました。ビットコインの清算額は6万ドルを下回り1億800万ドルを超えましたが、その後回復し、6万4000ドル以上のポジションを維持するのに苦労しています。清算は、ビットコインのロングとショートでほぼ均等に分かれ、それぞれ5,400万ドルと5,300万ドルをわずかに上回りました。

上位30の暗号通貨を代表するGM 30指数は過去24時間で4.46%上昇し、同じ期間にビットコインの価格は5%以上上昇しました。ビットコインの次回のハーフィングイベントは、残り100ブロックを切っており、地政学的安定やデジタル資産への機関投資の増加により、ハーフィング後に潜在的な上昇トレンドが予測されています。地政学的リスクや機関の採用、ビットコインの希少性などの要因が、短期間の価格動向に影響を与えると予想されています。

Coinbaseのアナリスト、David Han氏は、地政学的緊張や国債の増加などのマクロ経済要因が、暗号通貨市場に短期間で影響を与えると指摘しました。強固な暗号通貨の基本要因にもかかわらず、これらのマクロ要因が市場活動を牽引する可能性が高く、アルトコインがビットコインに対して高い相関性を示しています。Han氏は、ビットコインの暗号空間におけるアンカーアセットとしての役割や、地政学的環境の変化や機関の採用の中でのマクロアセットとしての重要性を強調しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: