ビットコインのハーフィングが市場動向とマイナーの調整に与える影響

By CoinDesk – 2024/04/19 23:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコイン愛好者、ハーフィングの影響に分かれる: 供給ショックへの期待と懐疑主義
ビットコインマイナー、ハーフィングへの影響に対する強いポジションを示す、ベンチマークレポート

新しい記事は、今後のビットコインのハーフィングについて取り上げ、市場のダイナミクスやマイナーの調整への潜在的な影響について述べています。記事には、ブロックあたりのマイニング報酬が6.25 BTCから3.125 BTCに削減されること、BTCの新しい1日当たりの供給量が約450 BTCであること、そしてハーフィング後の平均マイニングコストが約4万ドルであることなど、具体的な詳細が提供されています。同様の記事も、同じビットコインのハーフィングについて、市場への潜在的な影響やマイナーの調整について議論しています。ただし、これらの記事は新しい記事と同じ具体的な詳細を提供していません。最初の類似記事は、ハーフィングの影響に関するビットコインコミュニティ内での意見の分かれに焦点を当てており、2番目の類似記事は、ハーフィングに向けたビットコインマイナーの準備状況に関する調査レポートの調査結果について議論しています。したがって、全体的なトピックは同じですが、新しい記事は類似記事でカバーされていない新しい事実と異なる視点を提供しています。

ビットコインの4回目のハーフィングが行われ、ブロックあたりのマイニング報酬が6.25 BTCから3.125 BTCに削減されます。これにより、BTCの新しい日次供給が約450 BTCに減少します。ハーフィング後の平均マイニングコストが約$40,000であるため、マイナーはコインを保有する選択肢があり、これが市場動向に影響を与える可能性があります。BTCのフリーフロートは約500万BTCで、日々の供給が0.01%増加します。

ハーフィング後の供給減少はビットコイン価格にプラスの影響を与えると予想されますが、その増加の程度は不確実です。ETFの流れが価格に与える影響は、供給の減少よりも大きいと見られています。ハーフィングは価格よりもマイナーに影響を与え、運営の調整を促すでしょう。機関投資家の採用は重要な目標であり、市場が日々の供給減少に対応できるかが試されます。

ハーフィングサイクルは、約4年ごとに21万ブロックごとに発生し、ビットコインの歴史において独自の価格変動をもたらします。ハーフィングイベントからの供給ショックは、価格の上昇をもたらし、ピーク、谷、ブルサイクル、ベアサイクルが続きます。投資家は、暗号資産のボラティリティと感情的な意思決定の可能性から、バイ・アンド・ホールド戦略を検討することが推奨されています。ハーフィングが供給と需要のダイナミクスに与える影響は、投資家に市場を効果的に航行する機会を提供するかもしれません。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: