SECが更新された苦情で、ジャスティン・サンの米国滞在に基づく管轄権を主張

By The Block – 2024/04/20 02:10:06 (JST)

SECは、Tronの創設者であるJustin Sunが2017年から2019年までに米国で380日以上を過ごし、特定のトークンのプロモーションと販売を行ったとする修正された苦情を提出しました。機関は、Sunや他の被告が米国内で行った行動により、裁判所には管轄権があると主張しました。Sunの弁護士は、SECが「世界的な規制機関ではない」と反論しています。

米国滞在中、Sunはニューヨーク市、ボストン、サンフランシスコなどの都市を訪れ、2018年にBitTorrentを取得した際にSunが名付けたRainberryが借りたアパートに滞在しました。SECは、被告が米国に意図的に活動を向けたことを強調し、裁判所の管轄権を正当化しています。2023年3月、SECは、TronixとBitTorrentを登録されていないプログラムを通じて提供・販売したとして、Sunとその企業に対して告発し、TRXのウォッシュトレードの疑いも指摘しました。

SECの修正された苦情では、Sunが公の場で自社間の区別を曖昧にし、Tronエコシステム、TRX、BTTを促進する一方で、Tron Foundation、BitTorrent Foundation、Rainberryの間にほとんど区別がないように見えるような行動を取ったと強調しています。Sunの弁護士は以前、SECが主に外国の行為に米国の証券法を拡張しようとしており、これは行き過ぎであり拒否されるべきだと主張し、元の苦情を却下する動議を提出しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: