SECがジャスティン・サンに対する管轄権を確立するための訴訟を修正

By Blockworks – 2024/04/20 04:05:38 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
SECが更新された苦情で、ジャスティン・サンの米国滞在に基づく管轄権を主張

新しい記事と類似した記事の両方が、Tronの創設者であるJustin Sunに対するSECの修正訴状について取り上げています。両方の記事は、SECが管轄権を確立するために使用する、Sunが米国を頻繁に訪れ、Tronエコシステムを推進している活動を強調しています。両記事では、TTXおよびBTTトークンを数十億枚登録せずに配布し、洗浄取引を含む詐欺行為に従事したという主張も述べられています。類似した記事では、Sunが米国で過ごした日数や訪れた都市などの追加の詳細が提供されていますが、新しい記事には既に類似した記事で取り上げられている新しい事実や数字は提供されていません。

SECがTronの創設者であるJustin Sunに対し、登録されていない証券の販売を非難する修正訴訟を行いました。SECは、SunがTron、BitTorrent、Rainberryを代表して米国を広範囲に渡り、さまざまな都市で多くの時間を費やしたと主張しています。規制当局は、Sunが米国でTronエコシステムを促進する活動を強調し、Sunが米国市民でないにもかかわらず、管轄権を確立しようとしています。

Sunの弁護士がSECの主張を規制の範囲外として却下しようとしたことに対し、SECの修正訴訟は反論し、外国被告に対する個人的な管轄権の必要性を強調しました。初期の苦情では、Sunが数十億のTTXおよびBTTトークンを適切に登録せずに一般に配布し、これらの資産の取引のための二次市場を作成したとされています。SECはまた、TRXの二次市場での洗浄取引を含む不正行為に関与したと主張しました。

Sunに対する訴訟以外に、SECはLindsey Lohanを含む8人のセレブリティとの和解を達成し、トークンのプロモーションを行いました。この展開は、SECが引き続き暗号関連活動を厳しく監視し、業界内で規制を施行しようとする取り組みを裏付けています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: