ビットコインの先駆者ハル・フィニーが死後初のフィニー・フリーダム賞で栄誉を称えられ

By CoinDesk – 2024/04/20 07:00:06 (JST)

コンピュータサイエンティストであり、ビットコインの先駆者であるハル・フィニーは、ビットコインの開発に対する重要な貢献で知られており、人権財団によって死後初めてフィニー・フリーダム賞で栄誉を称えられることになりました。未亡人のフラン・フィニーが彼の代わりに受賞し、1ビットコインの金銭的賞を慈善団体に寄付する予定です。この賞は、ビットコインに重要な貢献をした個人を称えることを目的としており、ハル・フィニーは2014年にALSで亡くなるまでコーディングと人間の自由の推進に尽力したことが強調されています。

人権財団は、自らの資金から32ビットコイン、現在の価値で200万ドル以上相当の資金を将来の賞金に充てることを決定し、これは40年後には世界最大の賞金となる可能性があります。財団は、ビットコインに重要な貢献をした個人に賞を続けて授与する予定であり、次回の受賞者は1月10日に発表され、ビットコイン関連のイベントと合わせて行われます。賞は、おおよそ4年ごとに起こるビットコインのハーフニングに合わせて授与され、特定の期間に最も貢献した人々を称えることになります。

ハル・フィニーの遺産は、ビットコインへの関与を超えており、彼は暗号学とプライバシーの提唱において顕著なキャリアを持っていました。彼のPretty Good Privacy(PGP)への取り組みやデジタル通貨への関心が、ビットコインへの貢献の基盤となりました。サトシ・ナカモトとの関連性を巡る憶測がある中、フィニーのビットコインコミュニティへの影響は否定できず、彼のオープンソースソフトウェアプロジェクトへの献身とデジタルプライバシーと自由へのコミットメントは、フィニー・フリーダム賞を通じて記憶され称賛されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: