TelegramがTONブロックチェーン上でステッカーや絵文字をNFTとしてトークン化する計画

By NFT Plazas – 2024/04/20 23:30:03 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Telegram CEO、TONブロックチェーン上でステッカーや絵文字のトークン化を計画

まず、この記事と類似した記事の両方が同じトピックについて議論しています。それは、TelegramがTONブロックチェーン上でステッカーや絵文字をトークン化する計画です。TelegramのCEOであるPavel DurovがDubaiで開催されたToken2049イベントでの発表や、TONブロックチェーンとの統合を強化する目的など、重要なポイントが両方の記事に含まれています。しかし、この記事には類似した記事にはない追加の詳細が提供されています。それは、ユーザー名や匿名番号のトークン化が成功したこと、プラットフォーム上でのステッカーの大規模な利用(月間7000億以上の共有)、そして最近のTetherのUSDTやXAUTなどのステーブルコインがTONブロックチェーンに統合されたことが挙げられます。これらの新しい事実は、このトピックについてより包括的な理解を提供し、類似した記事の情報を単なる繰り返しにとどまらせていません。

TelegramはTONブロックチェーン上でステッカーや絵文字をNFTとしてトークン化する計画を立てています。この取り組みは、ユーザーが売上の大部分を請求できるようになったユーザー名や匿名番号のトークン化に続くものです。Telegramは、ステッカーや絵文字のトークン化を拡大することで、TONブロックチェーンとの統合を強化し、そのスケーラビリティを活用して広範なユーザーベースにコミュニケーションソリューションを提供することを目指しています。Telegramの共同創設者兼CEOであるPavel Durovは、Dubaiで開催されたToken2049イベントでこの発展を発表し、プラットフォームでのステッカーの大規模な利用を強調しました。Durovは、人間の文化や相互作用に深く統合されたNFTの潜在能力を強調し、Telegramのステッカーをトークン化することが次の論理的なステップであると述べました。TONブロックチェーンが最近、TetherのUSDTやXAUTなどのステーブルコインを統合したことで、ピアツーピアの支払いや分散型アプリケーションの新たな機会が提供されており、DurovはそのスケーラビリティがTelegramの広範な運用を支援する上での重要な要素であると述べています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: