香港当局、スポットビットコインおよびイーサリアムETFを承認

By CoinDesk – 2024/04/21 03:50:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
香港の資産運用会社、今月中にスポットビットコインETFを開始予定
香港で承認されたビットコインETF、中国投資家のアクセスは困難か

香港でのスポットビットコインおよびイーサリアムETFの承認について、新聞記事と類似記事はすべてこれを取り上げています。中国AMC、ハーベストグローバル、ボセラインターナショナルなどの資産運用会社の関与が言及されています。新聞記事と類似記事は、これらのETFが市場に与える潜在的な影響についても取り上げており、特に米国と香港の市場規模の違いに焦点を当てています。ただし、新聞記事は、米国上場のビットコインETFと香港のETFとの資産運用残高(AUM)の格差に言及することで、類似記事では取り上げられていない新しい視点を提供しています。この新しい事実は、香港で新たに承認されたスポットビットコインおよびイーサリアムETFの潜在的な影響を理解するための異なる視点を提供する可能性があります。したがって、全体的なトピックは同じですが、新聞記事には類似記事にはない新しい事実が含まれています。

香港の規制当局は、スポットビットコインおよびイーサリアムの上場投資信託(ETF)の立ち上げを承認し、暗号資産の制度化が進んでいることを示しています。ChinaAMC、Harvest Global、Bosera Internationalなどの資産運用会社が香港証券先物委員会からライセンスを取得しました。香港は、カナダがETH ETFを承認した後、スポットイーサリアムETFの承認を計画しており、暗号通貨ハブとしての地位を確立しようとしています。

米国はイーサリアムベースの製品の承認が遅れていますが、欧州、シンガポール、オーストラリア、ドバイなど他の地域は既にビットコインETFを承認しています。英国はロンドン証券取引所で暗号通貨取引ノートを許可する予定であり、オーストラリアも続く見込みです。香港からのニュースは好意的に受け止められ、日本やシンガポールなどの隣国にもスポットビットコイン投資を受け入れるきっかけとなる可能性があります。ただし、米国と香港の市場規模の違いが、新規資本の流入に影響を与えるかもしれません。

金融市場の専門家であるNoelle Achesonは、米国上場のビットコインETFと香港のビットコインおよびイーサリアム先物ETFの総資産額(AUM)の格差を指摘しています。米国でのビットコインETFの急速な成長にもかかわらず、香港のビットコインおよびイーサリアム先物ETFの総AUMは著しく低いです。この対照的な状況は、香港で新たに承認されたスポットビットコインおよびイーサリアムETFが米国市場に与える影響について疑問を投げかけています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: