香港のビットコインETF(BTC)は中国の投資家に利用可能性が低い可能性

By CoinDesk – 2024/04/21 05:20:08 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
香港当局、スポットビットコインおよびイーサリアムETFを承認
香港の資産運用会社、今月中にスポットビットコインETFを開始予定

新しい記事では、香港でのBitcoin ETFの承認と市場への潜在的影響に焦点を当てつつ、中国本土の投資家へのアクセスが限られていることが取り上げられています。同様の記事では、香港でのBitcoinおよびEther ETFの承認、市場への潜在的影響、そしてChinaAMCやHarvest Globalなどの資産運用会社の役割が議論されています。しかし、新しい記事では具体的な数字を提供し、米国と香港のETFの合計流入額が中国の投資家からの予想される250億ドルの需要に届かない、10億ドルを超えないことを示唆しています。この具体的な詳細は同様の記事には含まれていません。したがって、全体的なテーマや内容は似ていますが、新しい記事は同様の記事にはない追加の具体的情報を提供しています。

中国本土の投資家は、中国が取引やマイニングを禁止した暗号通貨に対する厳格な規制を維持しているため、新たに承認された香港上場のビットコインETFにアクセスできない可能性が高いです。香港の規制当局によるETFの承認は、ChinaAMCやHarvest Globalなどの発行者がローンチを発表し、ビットコインへの投資増加への期待を高めています。ただし、香港の証券先物委員会は承認を確認しておらず、不確実性が生じています。

米国のビットコインETFは大きな流入を見ていますが、香港ETFの影響は市場規模が小さいため限定的かもしれません。アナリストは、米国と香港のETFの総合流入額が中国投資家からの予想される250億ドルの需要に届かないと指摘しています。香港ETFの潜在的な利点は、機関投資家に追加の取引時間を提供することにあるかもしれませんが、市場全体への影響は控えめと予想されています。

香港ETFの承認に対する楽観論にもかかわらず、中国本土の投資家の排除や市場規模の比較的小ささから、ビットコイン価格の大幅な上昇をもたらす可能性に疑念が生じています。ビットコインETFの機関保有は限られており、中国からの需要の急増が初期の予想通りには実現しない可能性が示唆されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: