SECが暗号通貨規制に関連してEthereumとConsensysを調査

By CoinDesk – 2024/04/21 15:30:06 (JST)

米国証券取引委員会(SEC)がイーサリアム財団に召喚状を送ったと報じられ、潜在的な訴訟の可能性が示唆されています。イーサリアムエコシステムにおける主要プレーヤーであるConsensysは、MetaMaskやInfuraなどの重要なツールを開発し、その発展に貢献してきました。Consensysのシニアカウンセルであるビル・ヒューズは、中央集権から分散構造への移行を特に強調し、行動を言葉よりも重視しています。

SECがイーサリアムをセキュリティとして標的にしている可能性がある中、Consensysのエコシステムにおける重要な役割が検証される可能性があります。最近の報告によると、SECはUniswapなどの分散型取引所に焦点を当てており、それに対してウェルズ・ノーティスが発行されています。ヒューズは、SECの将来の標的に関して推測し、Binance、Coinbase、Krakenなどの特定のカテゴリー内で類似のケースを追求する傾向があると述べています。

Uniswapにとって、特にウェブサイトやプロトコルのメンテナンスに関する法的影響は不確かなままです。SECの規則違反の特定方法は多様であり、Uniswapは複数のフロントで課題に直面する可能性があります。潜在的な法的闘争にもかかわらず、Uniswapが規制圧力に屈するのではなく、立場を守ると予想されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: