Bitcoin(BTC)マイナー、ハーフィング後にAIへの移行を期待−CoinSharesレポートが明らかに

By CoinDesk – 2024/04/22 17:00:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
マーク・キューバン、ビットコインハーフィングとAIが鉱業業界に与える影響を探る
ビットコインのハーフィングがマイナーが報酬を減らすに合わせて新しい市場ダイナミクスを約束

新しい記事では、ビットコインのマイナーがハーフニング後に収益を増やすためにAIにシフトする可能性について取り上げており、BitDigital、Hive、Hut 8、TeraWulf、およびCore Scientificなどの特定の企業が既にAIを活用しているか、AI事業への拡大計画を持っていることが言及されています。また、ビットコインあたりの採掘コストと電力コストの見込まれる増加に関する詳細な数字も提供されています。同様の記事は、ハーフニングがマイニング業界に与える影響やAIの潜在的な影響について議論していますが、同じレベルの詳細や特定の企業の言及はしていません。最初の同様の記事は、AIを採掘作業に統合する際の潜在的な課題や、ビットコインの価格に関するハーフニング後の不確実性に焦点を当てています。2番目の同様の記事は、市場のダイナミクスや機関投資家の採用に対するハーフニングの影響について、ETFの流れが価格に大きな影響を与える重要な要因として取り上げています。どちらの同様の記事も、新しい記事と同じく詳細な数字や特定の企業の言及を提供していません。

CoinSharesによると、Bitcoinマイナーはハーフィング後、収益を増やすためにエネルギー安全な場所で人工知能(AI)にシフトする可能性があると予測されています。最近行われたハーフィングは、Bitcoin供給の成長率を50%減少させました。BitDigital、Hive、Hut 8などのマイニング企業は既にAIから収益を上げており、TeraWulfやCore ScientificはAIの運用や拡大計画を持っています。

報告書によると、ハーフィング後、電力および生産コストがほぼ倍増し、マイニングコストが大幅に上昇すると強調されています。マイナーは、エネルギー費用の最適化、マイニング効率の向上、よりコスト効率の良いハードウェアへの投資によってこれらの増加に対抗できます。平均現金生産コストは29,500ドルから53,000ドルに増加し、Bitcoinあたりの電力コストは16,300ドルから約34,900ドルに上昇する見込みです。

2025年までにハッシュレートが700エクザハッシュに増加する可能性が予測されていますが、ハーフィング後にはマイナーが利益の出ないマシンを停止させることで一時的に10%の減少が見込まれます。イベント後、ハッシュ価格は1日あたり53ドルに低下すると予想されています。マイナーは財務負債を積極的に管理しており、余剰資金を債務返済に充てる企業もあります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: