NYSEが仮想通貨市場に続き24時間取引を検討中:フィナンシャル・タイムズ

By The Block – 2024/04/23 04:00:05 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
NYSEが24時間営業を検討中、24時間取引への関心が高まる中

この記事と類似した記事の両方が、NYSEが24時間・週7日の取引を導入を検討していることについて取り上げており、これは仮想通貨市場で見られる連続取引モデルを模倣しています。両方の記事は、パンデミック中の小売取引の急増やRobinhoodの一部株式に対する24時間・週7日の取引提供に言及しています。また、両記事は、スタートアップ企業である24 Exchangeが24時間取引を提案していることやSECがこれらの計画を今後検討することに触れています。この記事には、類似した記事で既に取り上げられていた新しい事実や数字はありません。

ニューヨーク証券取引所(NYSE)は、最近の調査で明らかになったように、週末を含む24時間取引を導入することを検討しています。この潜在的な動きは、従来の市場を仮想通貨市場で見られる連続取引モデルにより密接に結びつける可能性があります。現在、NYSEは平日に午前9時30分から午後4時まで営業しており、24時間取引が採用されれば、スケジュールに大きな変化が生じるかもしれません。

NYSEによる調査は、小売取引が急増している中で行われており、特にパンデミック中には、Robinhoodなどのプラットフォームが一部の株に対して24時間取引を提供しています。24 Exchangeというスタートアップ企業が、24時間取引所を立ち上げるために証券取引委員会の承認を求めている提案も、24/7取引の提案と時期を同じくしています。この取り組みは、Steven CohenのPoint72 Venturesファンドの支援を受けており、運営上や技術的な課題により以前の提案を取り下げた後の2回目の試みとなっています。SECは新しい計画を今後数ヶ月で審査する予定です。

従来の市場での24時間取引への潜在的な移行は、世界中の投資家に対する柔軟性とアクセシビリティの向上に向けた成長トレンドを反映しています。既に仮想通貨市場が24時間稼働している中、NYSEが同様の取引モデルを採用を検討することで、世界中の市場参加者が連続的に取引機会にアクセスできるようになり、新たな財産形成や取引活動の機会が開かれる可能性があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: