ビットコインのハーフィングがレイヤー2ソリューションへの関心を刺激

By CoinDesk – 2024/04/23 06:00:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコインの進化後のハーフニング:基本的なアップグレードの必要性
ビットコインハーフィング:消費者の採用と取引効率への影響

新しい記事では、最近のBitcoinのハーフィングと取引コストへの影響について取り上げられ、これがライトニングネットワークなどの第2層ソリューションへの関心の高まりにつながっています。また、RunesのローンチとOrdinalsなどのプロトコルの台頭が、NFTに似た大規模な売上をもたらしていることが言及されています。同様の記事では、Bitcoinのハーフィングとその含意について議論されており、取引手数料の上昇や第2層ソリューションの可能性についても触れられています。しかし、新しい記事では、Runesのローンチによりマイナーに貢献された8000万ドルの手数料や、取引コストの1395.8%の上昇など、具体的な数字が提供されており、同様の記事には言及されていません。さらに、新しい記事では、残高が少ないユーザーにとって第2層ソリューションの利用可能性に関する懸念が取り上げられており、同様の記事では触れられていないトピックです。したがって、全体的なテーマは類似していますが、新しい記事は同様の記事には見られない追加の詳細と視点を提供しています。

ビットコインは最近4回目のハーフィングを経験し、マイニングを通じて流通する新しいBTCの量を減らしました。Runesのローンチは、ビットコイン上でミームコインを作成するプロトコルであり、このイベントと同時に80万ドル以上の手数料がマイナーに貢献されました。取引活動の急増により、現在の平均価格が70ドルを超え、TokenTerminalによると、前の30日間の平均価格から1,395.8%上昇しました。これらの高額な手数料は、オンチェーン取引に伴うコストの上昇に対処する手段として、ビットコインのレイヤー2、例えばライトニングネットワークへの関心を高めました。

オンチェーン活動の増加は、ビットコインのためのレイヤー2ソリューションの必要性を強調し、ビットコインを単なる「デジタルゴールド」からさらなる発展のプラットフォームへとシフトさせました。Ordinalsなどのプロトコルは、BTCの最小単位であるサトシにデータを格納する革新的な方法を導入し、30億ドルを超えるNFTのような売上を達成しました。さらに、BitVMやBabylonなどの開発は、オフチェーン計算やステーキングオプションなどの機能を提供しながら、ビットコインの手数料を引き上げています。これらの進展は、ビットコインネットワークの拡張性と機能性を向上させる上で、レイヤー2ソリューションの重要性が高まっていることを示しています。

ビットコインのセカンダリーレイヤーの潜在的な利点にもかかわらず、低残高のユーザーがこれらのソリューションにアクセスする際の課題が指摘されています。ライトニングネットワークなどのレイヤー2サービスにアクセスするためにオンチェーン取引が必要となることは、一部のユーザーにとってコストがかかる可能性があります。高額なBTC手数料がユーザーをカストディアルなライトニングサ

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: