ビットコインのブルは、少なくとも2か月待たなければならないかもしれない、アナリストが述べる:市場動向とショートスクイーズの予測

By The Block – 2024/04/23 23:00:07 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコインハーフィングの影響分析:価格トレンドと機関投資家の関与
ビットコイン愛好者、ハーフィングの影響に分かれる: 供給ショックへの期待と懐疑主義

新しい記事では、最近のビットコインのハーフィングが市場のダイナミクスに与える影響について取り上げ、その完全な効果が現れるまでに2か月以上かかる可能性があると予測しています。また、ハーフィング以降のビットコインの現物価格が8%上昇したことを述べ、ハーフィングによる供給制約による価格上昇のさらなる期待を示しています。記事では、オルトコインやミームコイン市場でショートスクイーズが起こる可能性についても言及しています。同様の記事では、ビットコインのハーフィングの影響に焦点を当てたものや、価格トレンドや機関投資家の関与に焦点を当てたもの、さらにはビットコインコミュニティ内での異なる意見に焦点を当てたものがあります。どちらの同様の記事も、新しい供給の減少や需要の増加、価格上昇の可能性に言及しています。ただし、どちらの同様の記事もオルトコインやミームコイン市場でのショートスクイーズの可能性については言及していません。これは、ビットコインのハーフィングに関する議論には重なりがあるものの、新しい記事が同様の記事には見られない追加の分析と予測を提供していることを示唆しています。

アナリストは、最近のビットコインのハーフィングが市場動向に与える影響が完全に現れるには2か月以上かかる可能性があると述べています。ビットコインの現物価格は、ハーフィング以降すでに8%上昇していますが、アナリストは、ハーフィングによる供給制約が今後数週間でさらなる価格上昇をもたらす可能性があると予測しています。Bitfinexのアナリストは、ハーフィング後のビットコインの日次発行率の低下を強調し、価格上昇を促す供給と需要の不均衡が生まれる可能性があると指摘しています。ただし、地政学的な不確実性もビットコインの長期的な評価に影響を与える可能性があると警告しています。

ビットコインに対する可能性のあるブルなシナリオに加えて、アナリストは、近い将来、オルトコインとミームコイン市場でショートスクイーズが予想されています。オルトコインとミームコインは、一部が大幅な減少を示すなど、ネガティブな資金調達を経験しています。ミームコイン市場キャップがわずかに上昇しているものの、ドージコインやシバイヌなどのトップミームコインは価値が下がっています。QCP Capitalのアナリストは、これらの市場での持続的なネガティブな資金調達を指摘し、その結果として可能性のあるショートスクイーズを示唆しています。オルトコインとミームコインの市場動向は、短期間で大きな変化を見せるかもしれません。

全体として、ビットコインのハーフィングの影響が今後数か月で徐々に現れると予想される中、市場はビットコインの価格に対するポジティブな動きと、オルトコインとミームコインセクターでの潜在的なショートスクイーズを目撃するかもしれません。供給制約、需要動向、地政学的要因の相互作用が、ビットコインの評価の軌道を形作るでしょう。投資家は、暗号通貨市場の変化する景色を航海するために、これらの動向を注意深くモニターすることが勧められています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: